ブラウザ(Chrome)を閉じるとtwitter(ツイッター)が毎回ログアウトしてしまう時の対処法

私はtwitterをスマートフォンでもPCでも見るのですが、PCの場合何か不具合などあってcookie、キャッシュ等の削除をすると常にログインする設定していたサイトもログアウトしてしまうことがあります。

パスワードを保存する設定にしているので大抵は再度ログインすれば次回以降はブラウザを閉じて再度立ち上げてもログイン状態が続くのですが、twitterで何度もブラウザを閉じると再度ログイン認証する状態になってしまいSMS認証にしているのでショートメールに来た番号を入れるという面倒な行動を毎回するようになってしまいました。

使用しているブラウザはgoogle Chromeです。

定期的にやってしまい、やり方を忘れて毎回調べるので対処法の備忘録的記事です。

原因は簡単なことでした。以下の1か2のどちらかで毎回解決しています。

PR
スポンサーリンク

1、Chromeのクッキー設定の確認

Chromeの右上の「・」が3つ並んでいる部分を押して「設定」→「詳細設定」→「コンテンツの設定」→「Cookie」→「ブラウザを終了するまでローカル データを保存する」がONになっている場合はOFFにする

これがONになっているとブラウザ終了時にクッキー設定が保存されないようです。

2、twitter(ツイッター)側の保存設定を確認

ブラウザ(Chrome)の設定は大丈夫だけど症状が改善しない場合、ツイッターサイト側でパスワード保存されていない可能性があります。

もしブックマークからツイッターに入ろうとして下記画像が表示された場合、「パスワードを保存する」表示が無いので入力してログインしてもログアウト時に勝手にログアウトしてしまいます。ブラウザ側で保存する設定にしていてもうまくいかない場合があるようです。

↑パスワードはブラウザで記憶していて入力されていますがログイン状態は保持されておらず、毎回ログインを押してSMS認証番号をこのあとに入れてログインするようになってしまいました。

この場合、ブックマークとかではなくどこか直接ツイート画面に飛びます。例えばツイッタージャパンのページとかですね。

するとページが表示され右上にログインする箇所があります。

ここに「保存する」のチェック箇所があるのでチェックしてからログインします。

これでブラウザを閉じても次回からログイン保持された状態となります。

これで次回から忘れて調べることもなくなりそうです。

おわりです。

PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!