世の中で1人だけのための72歳専用ラインスタンプを作ったので紹介

こんにちは。Mono(モノ)です。

親戚づきあいしてますか?私はどっちかというと苦手です。

別に集まった時に嫌な事を言われるわけでもなく、親戚の中に1人はいると言われているお節介オジサンなるものも幸いなことに存在しません。

疎遠になっている親戚もいますが、つきあいのある親戚は皆まともな人間ばかりです。とりあえずその辺に関してストレスは無いのですが、私が離れて住んでいることもあり、あまり積極的に帰省もしないので会う頻度も高くありません。

それでも親戚達が田舎住まいなので米や食料などを「食べろ食べろ」と送ってもらうことも多く、これまでの人生において米を買ったことがありません。

特に奥さんの父親は面倒見が良い人間で、娘が大好きということもあり、しょっちゅう食料を送ってもらうのでMono家の家計的にも非常に助かっています。

私と奥さんが同棲するときも快く引っ越しを手伝ってくれたりと、私があまり会いにいかないにも関わらず関係は良好です。

奥さんの家は母親を早くに亡くしているので、今は実家にお義父さんとお祖母さん(90歳オーバーのお義父さんの母)の2人で暮らしています。

PR
スポンサーリンク

新しいものに興味はあるのでタブレットをプレゼント

70歳を超えているお義父さんは意外と新しいものが好きで興味を持つのですが、自分1人では使いこなしたり覚えるのが難しいということもあり、断念しているようなことを聞いていたので今年の初めに私の方でタブレット端末を購入して設定を行いプレゼントしました。

持っているのはガラケーだけでスマホ未経験なので、このような端末を持つのは初めてのようでした。

タブレット端末のプレゼントは一昨年に私の両親にもしたのですが、

私の両親は共に60半ばです。二人ともデジタルには無縁で父は今だに通話専用のガラケーですし、母は携帯自体持っていません。 2人と...

通信に関しては↓この記事のシェアプランのSIMを使用

こんにちは。Mono(モノ)です。 今日は昨年一年間の家計収支を見返していました。昨年は携帯電話料金を見直そう...

実際のところ様々なアプリを使いこなすには至らず、たまにネットでニュースを読むのと車で旅行の際のグーグルマップ専用端末として今は使われているようです。

まぁ、それもあり私の両親(60代後半)でこの程度だから72歳のお義父さんは「使いこなせなくても音声検索機能で調べ事やニュースを読む程度で使ってもらえればいいかな」という感じで少しでも周りから取り残されないようにと思って贈ったものでした。

実際に渡してみると非常に喜んで、親戚同士でLINE(ライン)のグループを作り、娘(奥さん)に「友達の追加方法はどうするの」と聞いて来たり、旅行に行った写真を送ってきたりと正直私よりもうまく使っているように見えます(私はラインは最低限のやり取りしかしてないので使いこなせてる感じがない・・)

タブレットで撮影した写真を家の古いパソコンに取り込む方法を覚えたりと上手く利用しているようなので、プレゼントしたほうとしても嬉しいです。

LINEは奥さんや親戚・友達とのコミュニケーションツールとして気軽に使っているようなのですが、先日私達が北九州に旅行に行った際に関門海峡の歩行者用トンネルで奥さんが写真撮ってお義父さんに送ったら下記の返信がきました。

文字入力が苦手!!

やはり70歳をこえており、以前病気で手術をしたことで指での細かい入力がうまく出来ない部分があり長い文章などは苦手なようです。

しかし!重要なことは、その際の悲しいという感情を「うまくスタンプで表現している」ことで、スタンプ全然使わない私は驚いてしまいました。

「・・うまく使ってるじゃん」

おじさん専用ラインスタンプを作る

スタンプに関しては以前、デジタルで絵を描きはじめた時に私もLINEスタンプを作ったことがあるのですが

こんにちは、Mono(モノ)です。 LINEスタンプ使ってますか?私はそれほど使っていないのですが、スタンプを作って販...

これがまぁ全然売れない(上の記事描いたあと、ちょっと売れた)

40個もスタンプ描くって結構な労力だよなと思いながら久々にLINEクリエイターズマーケットにログインしてみると今は条件が変わって最低8個から販売できるようになっていました。いつの間に?

8個ならお気軽に描くことが出来るな・・(少ないけど)

・・と、思いついたのが売れることを期待しない、お義父さん専用・72歳のおじさん専用LINEスタンプを作成するということです。

こういうお金にならないことに時間を使ってしまうマネタイズ能力の無さ、本業の仕事をしなければいけないのに、ほったらかしてやりたいことをしてしまう自分のこういうとこ好き。

まずは、奥さんとお義父さんのラインのやり取りから良く使うスタンプの種類を聞き込み。

↑奥さんと話して検討した下書き

最近フォロワーさんの絵を勝手に描いたりしてたので少しは画力上がったかな・・

こんにちは。Mono(モノ)です。 今回はイラストの話。このブログ一応イラストブログでもあるので。 ...

・・などと思いながらお義父さんスタンプを描いてみると・・

めちゃくちゃ似てる!!

自分で言うのも何ですが、これまで描いた絵の中で最高に似てる!この絵で身バレするぐらい似てる!!見せた奥さんが笑い転げるぐらい似てる!!

時間は掛ってないですが結構頑張って考えて描いたつもりです。

さすがにオジサンだけ8個だとシュールなので飼ってるウサギも入れることでハートフルな雰囲気にしてみました。タブ画像とメイン画像は実際のスタンプでは無いので専用で描かなくてもいいみたいです(スタンプ内の画像流用とか)。

お義父さんの名前を入れると、あまりにもリアルなので「おじさんとウサギ」というスタンプとしてクリエイターズマーケットに上げました。ウサギ好きなメガネをかけた高齢なオジサンという状態が「俺と同じだ!」というコアなシチュエーションのオジサンは買ってください。

おじさんとウサギのラインスタンプ

作って審査に出したのが火曜日なのですが、木曜日には承認の連絡が来ました。こんなに早かったっけ?数が8個と少ないからかな?承認が降りたらマイページから販売開始することが出来ます。

LINEではスタンプを買って友達にプレゼントすることができます。お金で買うだけでなくLINEポイントというポイントサイトみたいなところで会員登録だったり動画視聴したりすると貯まるポイントでスタンプを買うことも出来るらしく(奥さんに聞いた)地味にポイントを持っていた奥さんがスタンプを購入してお義父さんにプレゼントしました。

送られた方は表示された「受け取る」を押すことでダウンロードできるようです。

そして無事に受け取ってもらえました。

受け取ったお義父さんのほうから8個のスタンプも全部送られてきました。感謝の言葉もいただき喜んでもらえたようです。これからの親戚・友達や娘とのコミュニケーションも今よりちょっとだけ楽しさが増すのではないでしょうか。

奥さんスタンプも作成してみる

ちなみにウチの奥さんのスタンプも描きました。現時点ではまだ申請してないけど。

実際にはここまでキラキラしてなくて、もっとオバち( ‘ ^’c彡☆))Д´) ボコォ!!

・・まぁ年齢よりは若く見えると思うので化粧と髪型バッチリな時ということで。

いちおう、すっぴんの時も描いたのですが、

「これは出さなくていいから・・」と言われてますので公開無しで。このすっぴんのほうは激似です。毎日見てる私が驚くほどうまく描けた。

まとめ

LINEのスタンプ作成から登録まではちょっと面倒ですし、ガイドラインに沿った画像を作成しなければならないので手間が掛ります(ガイドラインを外れてしまうとリジェクト(承認不可)されてしまう。

しかし慣れると簡単なので、絵が描ける人は売る目的でも、私のように誰かに使ってもらうの目的でも描いて申請してみてはいかがでしょうか。

文章を書くでも絵を描くでも最終的にはお金に繋げるのは当然なのですが、「相手のために」を考えながら作ると良いものができるのではないでしょうか。

内容はどうでもよくてお金だけ取れればいいと考えれば必然的に質の悪いものができるでしょう。

相手(ブログなら読み手、仕事ならお客さん、プレゼントするなら貰ってくれる人)のことを考えながら、求めるもの、喜んでくれるものを提供するというのが創り手として大事なことなのではないかな・・と、改めて思いました。

自分勝手に描いても中々大変なので、依頼を受けてイラスト描いてるイラストレーターさんはスゴイですね頭が下がります。リスペクト。

おわりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!