派遣社員は不安定かもしれないが働き方の選択肢のひとつだとは思う

こんにちは。Mono(モノ)です。

このブログはバイトやら派遣やら契約社員やら正社員などで働いてきた私が仕事に関して記事にするブログだったのですが、いつの間にか雑記イラストブログになってしまいました。

初心を忘れないために今回は私も働いていた派遣社員に関して自分の経験も交えての紹介記事です。

「派遣なんて中途半端な雇用形態だろ」なんて思わずに、働き方の一つとして知っておいても損はないと思います。

PR
スポンサーリンク

まずは基本。派遣社員とは

「派遣社員とは」なんて、そんなこと知っているよ!と思うかもしれませんが、意外と多くの人に詳しいことは知られていません。なぜなら派遣社員は平成29年度のデータでは正規社員と非正規社員を合わせた労働者全体のわずか2.4%ほどしか占めていません。

非正規社員と呼ばれる正社員以外の労働形態の中ではパートとアルバイトが7割を占めており非正規社員の中でも派遣は少数派なので「派遣社員」という言葉は知っていても詳しいことは知られていなかったりします。

特定労働者派遣と一般派遣(登録型派遣)

派遣社員の種類には派遣会社の正社員となって派遣される「特定労働者派遣」と登録を行って派遣先で働き労働期間が終わったら契約終了となる「一般派遣(登録型派遣)」の2種類があります。

私はどちらの雇用形態でも働いた経験があるのですが以下は一般的にイメージされる派遣の形態「一般派遣(登録型派遣)」の話です。

一般派遣の雇用の仕組みは?

企業が人手が欲しい場合に派遣会社に「人材を派遣してほしい」と要求して、登録された人材の中から条件にあったスタッフさんを企業に派遣します。

派遣されるスタッフさんは派遣先の企業に行って働く訳ですが、仕事の指示は企業の上司からもらいます。

派遣会社の担当者とは最初の登録、企業との顔合わせの時、様子を見に来た時ぐらいしか話す機会はないと思います(これは担当者によりますが)。

つまり、派遣会社の担当者は企業から仕事の概要やどんな会社かはヒアリングしてざっくり把握していますが企業内で働いていたわけではないので詳しく知っているわけではありません。

派遣会社の担当者が「この会社はこんな感じで、○○さんのこれまでの仕事とやることは同じです~」とか言ってきても話半分ぐらいだと思っていた方がいいと思います。

とはいえ、それでは働くほうが困りますし「話がちがう!」とミスマッチがおきないように働く前の顔合わせの時に仕事の内容など気になることはしっかりと聞いておいたほうが絶対にいいです。

一般派遣は契約更新や同一組織で働くことが出来る期間制限あり

一般派遣は期間契約で更新を繰り返して働くことが一般的です。通常は3ヶ月更新や6ヶ月更新が多いです。

派遣を他の会社で働くための繋ぎと考えている人は3ヶ月や6ヶ月の契約更新を目途として更新せずに辞めるキッカケにしやすいと思います。「途中で辞める」よりも「契約期間満了」のほうが企業も派遣社員側もゴタゴタせずに終了できます。

また、基本的に3年間しか同じ組織でしか働くことが出来ない決まりがあるので、同じところで長く働くことが難しいというデメリットもあります。

同じ仕事をしていても同じ会社ではない

派遣社員は、派遣されて働いている企業の社員ではないので、働いている中で疎外感を感じることもあります。

私の経験から企業が小さいとあまり感じないのですが、大きくなればなるほど「社員」「派遣社員」と別れていて「社員さん対象の連絡でーす」とか「あ、私には関係ない連絡事項だな」と壁を感じることがあります。

これは悪い意味ではなく派遣社員を多く使っているので受け入れ態勢や使い方がしっかりしていると考えることも出来ます。

小さい企業では派遣社員も正社員もごちゃごちゃで聞いていないような仕事も指示されたりして企業が派遣社員の使い方をよく知らないような会社もあります。

↓何故ならこんなことがあったので

こんにちは。Mono(モノ)です。 私はコロコロと転職しながら今に至っているのですが、20代のころ派遣社員をし...

割り切れる人ならむしろ好都合

「私は派遣社員なので」としっかり割り切れる人なら、むしろ働きやすいかもしれません。

自分の立場や仕事の範囲をうまく判断して、ライフスタイルに上手く合うように働けると思います。

テンプスタッフなら等身大の仕事が見つかる!

紹介予定派遣で正社員へ

全体の仕事数から見ると多くは無いのですが、一般派遣の中に「紹介予定派遣」という求人があります。

最初は派遣として働いて最長6ヶ月後に本人と派遣先企業の双方の合意の元に社員となる働き方です。

派遣社員側は派遣期間内で仕事の仕方や会社の状態などを確認することが出来ますし、企業側は仕事を覚えて会社に慣れた人材を社員にすることができるので双方にメリットがある働き方だと言えます。

この会社は自分には合わない・・と感じれば契約終了という形で辞退もしやすいと思います。

↓派遣・紹介予定派遣なら

マイナビスタッフ

↓日本全国、数万件のお仕事を掲載
リクナビ派遣

働き方は人それぞれ

派遣の仕事は期限があったり契約更新があったり法律が変わって振り回されたりと長く安定して勤められるものではないかもしれません。

しかし、人それぞれ働くための理由が色々と違うので働き方の一つとして知っておいてもいいと思います。

例えば、お金が必要ですぐに働きたいからフルタイムでアルバイトをしようかと考えた時に派遣の仕事はアルバイトに比べれば時給は高めなので同じようにフルタイムで働くならば検討してみてもいいのではないでしょうか?

私はフリーターでアルバイトとして働いていた時に知り合いから「フルタイムで働いているんだったら同じ業種の仕事で時給の高い派遣の仕事があるみたいだよ」と教えてもらって派遣社員になったことがあります。

最初の派遣会社への登録は面倒くさいと感じるかもしれませんが、登録だけなら無料ですし希望の職種を伝えておけば求人雑誌に載っていない仕事も担当者から連絡が来たりします。

働きに行ったら何か盗んでやろう!

盗むと言っても横領ではなく、スキルや経験などです。

企業では個人で買うには高いソフトや設備など、勉強しようとしてもお金が掛ってしまうようなものが業務で経験できたり、周りには質問することが出来る社員がいます。

それ以外にも、これまで携わったことがないような業務を経験すれば今後転職の際に「○○に関する業務に補助として携わってきました」と面接でアピールできるかも知れません。

働いてお金を稼ぐことが目的ではありますが、スキルや経験は堂々と盗んでいいものなので自分のものにしたいところです。

まとめ

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでおり派遣会社の下の立場ではありません。

派遣会社の売上は企業に派遣されて労働力を提供している派遣社員さんが稼いだものなのですから対等な関係で「自分の希望」や「改善要望」などをしっかり伝えることが大事です。

派遣という働き方の形態をうまく使い、自分が希望する働き方の形に合致していれば利用してやるぐらいの気持ちで選択肢の一つとして持っていてもいいのではないでしょうか。

おわりです。

みなさんアルバイトしたことありますか? 「学生時代はアルバイトしてた」という人は多いのではないでしょうか? ...

↓業界トップクラスの求人数

また働きたい派遣会社No.1!テンプスタッフ

↓派遣・紹介予定派遣なら

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

↓日本全国、数万件のお仕事を掲載
リクナビ派遣

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!