FUNDINNOで投資した企業にエンジェル税制を適用して確定申告

こんにちは。Mono(モノ)です。

結構昔から株やFXなどの投資に手を出していて、コツコツ利益のガツンと損失など喜びと悲しみを経験してきました。

以前の記事で書いたのですが未公開株という怖い響きの案件にも手を出しています。

投資好きなのにお金が増えない「モノ」です。こんにちは。 社会人になって、数年目に銀行の勧めにまんまと乗せられて買った投資信託で...

普通に売り買いする株式は株式市場に上場(株式を自由に売り買いできるように公開する)しているので証券会社に注文を出して売ったり買ったりできるのですが、未公開株式は上場していないので、そもそも売買ができません。

投資対象はベンチャー企業が多いので現時点ではいつ上場するのか、この先確実に成長するのかさえも確約がないので倒産してしまえば投資したお金が返ってくることもありません。

なので投資初心者にはおすすめできない案件であることは確かです。

では、何故そのような案件に投資をしているのかというと

ロマンがあるから!!

これに付きます。自分が投資した会社が大きくなって利益として返してくれて企業も私もwin-winになりたい。

捨てていいお金などないですが生活に影響のないお金で投資してます。

ベンチャー企業に投資する投資家を「エンジェル投資家」といいます。アメリカでは多くのエンジェル投資家が様々なベンチャー企業に投資を行っているらしいのですが日本では少ないようですね。

PR
スポンサーリンク

エンジェル税制を適用する

私はFUNDINNO(ファンディーノ)という株式投資型クラウドファンディングで未公開株に投資しています。

今は確定申告の時期ですが、税制度のひとつにエンジェル税制(ベンチャー企業投資促進税制)というものがありましてエンジェル税制の要件にあう会社に投資した場合、投資した金額が所得から控除される制度があります。

控除が増える → 税金の計算対象となる所得が減る → 税金が安くなる、という嬉しい制度です。

要件を満たしていれば勝手に申請できるわけではなく、企業側でエンジェル税制の申請してもらい必要な書類などを送ってもらう必要があります。要件を満たしていても手間が掛るのでエンジェル税制の申請をしない企業もあるので、その場合は投資家も申請できないようです。

私が投資している「Bank Invoice(バンクインボイス)」という会社から昨年エンジェル税制の申請をするというアナウンスがあり、こちらから書類を送付したところ本日確定申告に必要な書類が届きました。

事業を成長・拡大させるために今は忙しい時期だと思いますが、手間のかかる申請をしていただけて確定申告にも間に合いましたので私も少し税金が安くなりました。

まとめ

以前の記事に書いた「AuB株式会社」や今回の「Bank Invoice株式会社」はFUNDINNO上のマイページで月次報告などの案内をこまめにしてくれます。

上場企業とは違い情報が多くはないので今現在どのような活動をしているのかが分かるのは投資している側からすると安心感があります。

なかには全然報告が無い企業もあるので、そういう企業はちょっと心配ですね。

上場株式と違いハイリスクハイリターンな投資案件なので、ガンガン投資する企業を増やすことは出来ないですが(金額的にも・・)、宝くじでも買ったつもりでいつか大きな会社になって上場してくれることを期待しています。

おわりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!