ふるさと納税でソーセージもらった。限度額は注意だけど利用すべき。

こんにちは。ソーセージです。あっ!間違ったMono(モノ)です。

実はソーセージが大好物なんです。ミドルネームをソーセージにしたいくらい好きです。

旨みが詰まったソーセージを食べてビールで流し込むって最高です。後はお金があれば何もいらない。

今日は「ふるさと納税」でソーセージをもらったので、そのことを書いておきます。

PR
スポンサーリンク

ふるさと納税をざっくり

これまでふるさと納税を利用したことが無かったんですよね。

やってみようとは思っていたのですが、いつの間にか忘れちゃってて・・・。

昨年の暮れに、ふと「美味いソーセージ食べたい・・」と頭に思い浮かんだのですが、お得に食べれないかなとも頭に浮かんだのです(貧乏性)。

美味い ⇒ 専門店 ⇒ ご当地 ⇒ グルメ ⇒ カタログギフト ⇒ ふるさと納税

という答えを一瞬で私の頭の中のコンピューターが導き出しました。

ふるさと納税って面倒くさくないの?

今まで面倒くさいだろうと思って調べることもしなかったわけです。

ふるさと納税を利用したら寄付した自治体から送られてきた寄付証明書(領収書)を確定申告で提出する必要があります。

でもサラリーマンなど確定申告をしない人は、わざわざふるさと納税のために確定申告するのは面倒です。

そんな人は5自治体以内の寄付であればワンストップ納税という制度を利用して特例申請書を寄付自治体に郵送することで確定申告の必要がなくなります。

まぁ申請書を書く手間をどう考えるかが面倒かどうかになりますね。

私は毎年確定申告しているので添付する領収書が一枚増えるだけなので、とくに面倒でも無いようですね・・・もっと早くやればよかった。

本当にお得なの?

ふるさと納税は、寄付金額から自己負担金2,000円を引いた残りの分だけ控除を受けることができます。本当であれば自分が住んでいる自治体に払うべき税金を他の自治体に寄付していることになります。

自己負担金2,000円はかかるので、もらえる品(返礼品)の価値が高かったり、魅力がある品を選ぶことが、ふるさと納税での得をするという考え方です。

払う税金が多い人は、どうせ払うのなら、手間はかかるし所得税の還付・住民税の控除という形でお金が戻ってくるのに時間はかかりますが是非利用するべきだと思います。

寄付の限度額は所得や家族構成で人によって変わります。知らずに適当に寄付して返礼品をたっぷりもらっても、限度額を超えたものは控除の対象にならず自己負担が増えてしまい結果的に寄付損になってしまわないよう注意が必要です。

ふるさと納税でソーセージもらった

頭の中でソーセージをもらうと決まっているので、ガンガン検索してソーセージが返礼品の自治体を探します。

探して寄付をしたのは北海道の大空町のソーセージ詰め合わせギフト。

食といえば北海道。「よし、これにしよう」と決定。

私が利用したのは 「楽天のふるさと納税」 のサイト

楽天ポイントもつくんだね。

あれ?自己負担2,000円の場合、50,000円以上寄付できる人だったらポイント分で実質0円じゃないの・・?

まぁ今回は初めてなので10,000円を寄付。

昨年12月の後半に申し込み、年末年始を挟んで今週到着しました。

ソーセージ!!

やったーソーセージ嬉しい。

実家の家族にもあげよう。こういうグルメギフトは周りにもおすそ分け出来ていいですね。

まとめ

元々はらう税金が非課税の人や少ない人は寄付できる上限が低くて損してしまう可能性もあるのでメリットも少ないのですが、ある程度の税金を払っている人は実質2,000円の自己負担だけでお得な返礼品がもらえるので自分好みな品があれば是非利用してみてはいかがでしょうか。

住民税が控除されるのは翌年です。寄付してお金が出ていくのは今年なので住民税の前払いのような形になるのでこの点も注意ですね。無理して今年の生活を圧迫しないように。

自分が寄付できるおおよその限度額は、ふるさと納税の各ポータルサイトにシュミレーションがあるので必ず確認して自分の限度額を把握しておきましょう。

「楽天のふるさと納税」

おわりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!