個人事業の開業・廃業等届出書の書き方と持ち込み・郵送での提出方法

こんにちは。Mono(モノ)です。

今日は個人事業に関係する資料のファイリング等、事務作業していました。開業時の届出なども整理したので備忘録として書きかたと提出方法を載せておきます。

参考になれば。

PR
スポンサーリンク

「個人事業主の開業・廃業等届出書」

私はこの「個人事業主の開業・廃業届出書」を数回出したことがあるのですが、これまでに問題があったり書き直しさせられたことは無いです。

税務署に提出に行ける方は分かる部分だけ書いて分からない部分は税務署の職員さんに聞いても大丈夫です。大抵優しく教えてもらえます。

税務署に行くときはマイナンバーカード(無ければ通知カードと身分証明書)を忘れずに。

開業届の提出期限

個人事業主の開業届は事業開始日から1ヶ月以内に管轄の税務署に提出する必要があります。

個人事業の開業・廃業等届出書の書き方

提出日

提出日のところは他の日付部分と合わせて年号(平成○○年)で記載です。

事業内容

事業内容は事業の種類によって、個人事業税の税率が異なりますので自分の業種がどれに当てはまるのか確認しておく必要はあります。

(東京都主税局)法定業種と税率

屋号

屋号は法人の会社名にあたるものです。必ずつけなければならないものではないので「無し」でもOKです。私は「屋号無し」です。

お店をやっている方や事務所、医院などは必要ですね。

所得の種類

所得の種類は個人事業主の方は事業所得です。

税務署への提出に関して

税務署に提出するときに書類に受領印が押されますが日付は原則的に税務署に届いた日となります。

しかし郵送の場合は発送した日が提出日となるので(発信主義)どうしても間に合わない場合は郵送することで時間的余裕を確保することもできます。

(国税庁)発信主義の適用範囲を定める告示の制定

先週土曜日に私が税務署に発送した書類も上の方に押された受付印は1月9日でしたが

下の方の「通信日付印」は投函した1月6日の日付印が押されていました。(7日、8日は日曜・祝日)

開業届に限らず税務署へ提出する書類は直接税務署へ持ち込むか郵送で提出することができます。

税務署へ持ち込み

直接税務署に持ち込んだ場合は受付印を押してもらったあと、控えは戻してくれます。

マイナンバーを届出書に記載することになっていますので、マイナンバーのチェックがあるらしいです(私が一昨年届け出を提出した時はありませんでしたが・・・切り替わり時期だったのかな)。

顔写真付きのマイナンバーカードもしくは通知カードと運転免許証などの身分証明書を持って行きましょう。

郵送の場合

税務署が遠かったり、行くことが出来ない場合は郵送で提出します。

封筒の表に「○○届出書在中」の記載をすると税務署側が分かりやすいです。

郵送の場合は返信用封筒も同封して発送します。マイナンバー確認用資料のコピーも必要です。

2018年1月11日現在、定形郵便物の料金は重量が

25gで82円、

50g以内で120円、

100g以内で140円、

150g以内で205円

となっています。書類の枚数によって重さが変わりますので切手の料金に注意が必要です。

控えのマイナンバー記載は不要

マイナンバーの記載は提出用のみで、届出書の控えにはマイナンバーを記載する必要はありません。

提出用をコピーして控えを作る場合にはマイナンバー部分を黒く塗りつぶしましょう。

まとめ

開業届を出す際に青色申告をする場合は「所得税の青色申告承認申請書」、家族を専従者として給料を払う場合には「給与支払い事務所等の開設届出書」「青色事業専従者給与に関する届出書」なども同時に提出すると手間が少なくて済みます。

まだまだ先だとは思いますが将来的には提出書類関係のやりとりも電子申請に切り替わってくるかもしれませんね。

おわりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る
error: Content is protected !!