固くなったゴワゴワのフリース生地を百均グッズでフワフワにしてみた

こんにちは。Mono(モノ)です。

私は犬とか猫とかフリースとかのモコモコしたものが大好きです。

手触りがフワフワしたものが好きなのですが、私が良く着ている服のフードの裏地部分のモコモコがカチカチになってしまいました。

この服のフード裏は毛足の長いフリース生地なのですが、細かい一本一本の毛が絡まり合って小さな塊になり、ゴワゴワな手触りになってしまったので何とかしたいと思っていました。

PR
スポンサーリンク

硬くなったフリースなどを柔らかく復活再生させる

スリッカーブラシで毛の絡まりをほぐす

フードの裏側は写真のように幾つも毛の塊ができて固くなっています。どうやら細かい毛同士が絡まり合っているようです。

実際の毛が固くなっている様子はこんな感じ

(ホコリっぽい写真なのはゴメンナサイ)

この毛の絡まりをほぐすために使うのは・・・

スリッカーブラシ!!

百均のセリアで購入。ペットコーナーにあります。

このスリッカーブラシはブラシの先端に丸い膨らみがあります。スリッカーブラシ自体がペットの犬や猫のブラッシングに使うためのものなので皮膚をガードするための膨らみでしょうか。

他のスリッカーブラシにはこの膨らみが無いものもあるようです。

服のゴワゴワ部分をほぐすためには、この膨らみが邪魔になるような気がするのですが・・・とりあえずやってみましょう。

こんな感じでフリース部分に当てて細かく動かします。強く当てて動かすと生地が傷つきそうなので状態を見ながらバリバリとブラッシングしてみます。

思った以上に毛の絡まりがとれてほぐれました。毛が抜けたり生地が傷んでいる様子もありません。

これがブラッシング後の毛の感じです。

もう一度ブラッシング前の写真を確認すると、

一目瞭然ですね。手触りもフワフワ感が戻ってきました。

ちょっと分かりにくいですが写真の左半分はブラッシング前、右側がブラッシング後です。

真横にブラシをスライドさせるよりも、やさしく軽く叩くような感じでブラシするといいかもしれません。

注意点

今回スリッカーブラシを使ってフリースのモコモコ感を復活させましたが、やってみていくつか注意点に気が付きました。

力任せにやると生地が傷む

面倒になっても強めにブラッシングするのはオススメしません。スリッカーブラシによっては私が使ったような先端の丸い膨らみが無いものもあるので生地を貫通して裏側を引っ掻く可能性もあります。状態を見ながら弱めの力で細かいストロークを繰り返すのがコツのようです。

また、毛足が短い薄めのフリースで少し試してみましたが、うまく柔らかくならずに毛が抜けてきたので、行う際は少しづつ試しながら進めるのがいいですね。

縫い目の近くはやらない

がんがんブラッシングしていたら縫い目の近くで縫い糸をブラシに引っ掛けて引き出してしまいました。縫い目近くは避けるほうがいいですね。

洗濯の際は洗濯ネット・柔軟剤は必須

フリースは適当に洗うと繊維同士が絡まり合いますし静電気も発生しやすいので柔軟剤は必ず使用します。洗濯ネットも使用して優しく洗ってあげましょう。

まとめ

私は犬もネコも飼っていたことがあるのでスリッカーブラシは知っていましたが服に使えることは知りませんでした。

私は服を長く何年も着るヤツなので(捨てられないヤツ)手入れをすることで更に長く着ることができそうです。

奥さん「他の服、穴が開いて何回も縫ってるんだから、もう捨ててよ!」

おわりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!