PCが苦手な若者が増加中らしいけど会社では優しく指導してあげて欲しい

こんにちは。何回も転職しているので何回も新人経験があるMono(モノ)です。

私が高校生ぐらいのころはWindowsも発売される前でしたので、パソコンは一家に一台というようには普及していませんでした。

今では考えられませんが職場でもパソコンが無かったということです。

私が会社勤めをしている時に還暦を過ぎた仲のいい嘱託社員のおじさんに「パソコンが無い時代ってどうやって仕事していたんですか?」と聞いてみました。

おじさん「手書きと電卓。FAXと電話で全て対応していたよ」

   「今もう一回パソコン無しで、昔のように仕事をしろって言われたらどうですか」

おじさん「辞める」

と、いうほどに日常生活でも仕事でも当たり前のようにパソコンを利用しています。

私も当時「これからはパソコンが出来ないとなぁ」という思いで高かったパソコンを買いましたし、アルバイトやスクールでパソコン操作を学んだ思い出があります。

PR
スポンサーリンク

若者のPC離れ?PCが使えない若者が増加中?

先日、ネットニュースを見ていたら「PCが使えない若者が増加中」「若者のPC離れ」という話題を見かけました。

私のようなおっさんからすると

「若い人 ⇒ 物心ついた時からデジタル環境 ⇒ パソコンなどが得意」

といったような思い込みがあるのですが「スマホで十分なのでPCは必要ない」のだそうです。

「PCが使えない、苦手な若者」ということに私も思い当たることがありました。

Excel(エクセル)?なぜ表にするの?

会社勤めをしていた3年ほど前、上司から「入社したばかりの新人に何か仕事を与えてやってくれ」と言われたので、すでに測定してあったデータをExcel(エクセル)で表にして合計や平均値をまとめて欲しいとお願いしました。

新人「表・・・?ですか?」

その時点で「あれ?」とは思いましたが「縦軸は測定値で、横軸は○○で・・・」と説明しました。

データの数は多いのですが、数値を切り取ったり貼り付けたりして表に埋め込めば時間は掛らないだろうと思っていました。1時間掛らないかな・・

会議が長引いて3時間ぐらい経ってしまい、急いで新人くんのところにいくと、

「カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ」

ものすごい勢いで電卓叩いてますね・・・・!!

私 「あれ?データ入力と表の作成終りました?」

新人「今、合計値の計算中です。データが多くて時間が掛ってます・・」

オートSUMを知らない!!!!!

私は若い人は学校で習っているだろうから基本は知っているだろうと思っていました。

しかし、話を聞いてみると「触ったことはあるけれど、なぜ表にするのか意味が分からないで教わっていた。面白いと思っていなかったので機能などに興味が無かったので知らない」と言うのです。

確かに私も仕事の中で使わざるを得ない状況で機能を調べたりして覚えることが多かったので、興味がなければ表計算ソフトなんて全然面白くないなとは思います。

新人君にオートSUMの「Σ」アイコンをクリックさせたら、めちゃめちゃ驚いてました。

知らないのは当然なのではないか?メンターの重要性

上の話ではパソコンが苦手、使えないという内容でした。学生のうちは特に困りませんが、仕事をするようになるとパソコンのことだけでなく色々と困ることがあるかもしれません。

そんな時に指導者(メンター)に恵まれると、何をしたらいいのか学ぶことが分かりやすくて苦手分野を克服しやすいです。

私は何回も転職したので何回も新人をやっています。なので何回も指導してもらっています。

指導者は大抵先輩社員が担当するのですが指導しない人、指導が上手い人、指導が下手な人、考え方が間違っている人などがいます。

厄介なのが「見て覚えろ」「自分で考えることが重要」「仕事は盗むもの」などと考えているタイプで伝統工芸の職人ならいざ知らず、利益を追求する企業の中で自分の知っていることを伝えないというのは人材育成を遅らせることに他なりません。

一から十まで全て手取り足取り教えるという事では無く、ここを教えれば伸びるというポイントをしっかり伝えられる人は「指導が上手い人」なのだと思います。

教えてもらう側がまともな人材であればヒントや基本をしっかり教えてあげれば自分で考えることもするでしょうし勉強もします。

「全部教えてください」「分かりません」と自分で考えることを放棄しているような人材であれば。残念。人事の責任です。

当然、職人の仕事のように精密な加工や経験、コツが必要な仕事もあるので口で伝えられないこともあると思います。

それでも「失敗して覚えろ」も重要ですが「なぜ失敗したのか」に関してアドバイスできたり一緒に考えてあげられる指導者は人材育成が上手いと感じます。

最悪なのが「自分の仕事を奪われるので仕事を教えない指導者」なのですが、会社の損失なのでクビにしてください。

まとめ

ちょっと話がそれてしまいましたが、「若者がパソコンが苦手」とか「パソコン離れ」というのは、あまり問題無いことだと思います。

社会人になって苦労する機会はあると思いますが、会社に入るとやらざるを得ない状況というのが何度も来ます。

乗り越えていくうちに必要なスキルも付きますし、仕方なくでも勉強することになります。

PCスキルが必要なのであれば、必然的に身に付いていくでしょう(やる気がある人であれば)

新人の頃や新しい職場では分からないことだらけなので、指導者になる立場の方たちは「なんだ!こんなことも分からないのか!?」と口に出さず、上のマンガの山田課長のように、広い心で指導してあげて欲しいです。

私も最初は毎回緊張して胃が痛くなってたなぁ・・・

(前回の龍崎くんはこちらです)

こんにちは。Mono(モノ)です。 このブログは私の思い出や日々の出来事、思ったことなど何でも書きます。 ...

おわり!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る
error: Content is protected !!