簿記の基本と個人事業主の事業主借・事業主貸をいつも忘れるのでメモ

こんにちは。

年末が近づいてきて帳簿付けをサボっていたことに焦りを感じているMono(モノ)です。

個人事業主なので自分自身で買った、売った、支払ったなど、お金に動きがあれば帳簿をつけなければならないのですが面倒くさいですね・・。

どちらかというと苦手。

でも、やらないわけにもいかないですし、私の仕事は材料を仕入れて加工して売っている仕事ではないので言うほど帳簿も複雑になりません(なら、ちゃんとやれ!)

個人事業主特有の帳簿付けでいつも迷う項目があるので忘れないように書いておく備忘録的な記事です。

初心者向けでイラストありなので是非読んでください。

PR
スポンサーリンク

簿記のイメージ

機会が無いと帳簿付けなんてしない

簿記による帳簿付けは、学んだり、出会う機会が無いと大人になっても「仕訳って何?」「勘定科目って何?」と全く知らないという人も多いです。私の周りも結構多いです。

会社では経理担当者や経営に携わる人でないと真剣に帳簿とにらめっこなどしないものですからね。

なので、知らない人向けに知識と言うよりイメージを以下に記載。

帳簿付けのイメージ

簿記は帳簿へ取引やお金に動きがあった時に記入をすることです。

勘定科目(かんじょうかもく)という取引の内容と金額をセットで記載します。この取引毎に該当する勘定科目を選んで記入することを仕訳(しわけ)と言います。

1つの仕訳は左側の借方(かりかた)と右側に書く貸方(かしかた)に分かれていて左と右の金額は釣り合って同額となります。取引した日付も必要です。

勘定科目は「資産・負債・資本・費用・収益」とグループが分かれていて、「現金は資産」などと居場所が決まっています。

簡単な取引例を見てイメージ

普通預金から10,000円を引き出して現金を手に入れた場合の仕訳です。取引というより、お金が移動しただけなので、お金の流れを表す仕訳ですね。

現金と普通預金はどちらも「資産」のグループです。資産は左側(借方)にくると増えて、右側(貸方)にくると減ることを表します。

手元に現金が増えて、預金口座からは1万円減ったのがイメージできます。

同じ仕訳だけど手数料をとられた!

残念ながらATM手数料で108円取られてしまいました。左と右の金額は同額でなくてはなりません。預金口座からは10,108円が減りましたので右側(貸方)は10,108円と記載します。

左側(借方)には現金の10,000円の他に支払手数料という勘定科目を記載します。

支払手数料は「費用」のグループで左側(借方)にくると費用が発生したことを示します。

普通預金は10,108円減った。現金で手元に10,000円ある。108円は手数料で取られた。というイメージができます。

私が良く使う勘定科目

勘定科目自体はとてもたくさんありますが、私がよく使っているのは上のイラストの項目です。弱小個人事業主でパソコン作業がメインだとこんなものです。

車を事業に使う人は「車両関係費」、材料を仕入れて加工、商品を仕入れて販売する人は「仕入」などの項目も必要になるので事業が大きく複雑な取引があれば、様々な勘定科目によって取引を示すようになります。

個人事業主特有の勘定科目「事業主借」「事業主貸」

勘定科目の中で法人は使わず、個人事業主だけが使うことを許された勘定科目があります。

「事業主借(じぎょうぬしかり)」

「事業主貸(じぎょうぬしかし)」

の2項目になります。

個人事業主は事業で得たお金から自分の生活費も払うことになりますが、買い物の際などに「これは事業で使う」「これはプライベート」と完全に分けることは難しいです。

事業のお金から個人の支出を払ったり、その逆の場合にお金の流れを管理するため「事業主借」「事業主貸」を使って仕訳します。

私はいつもこの「事業主借」「事業主貸」を使う時、どっちが借か貸か分からなくなります。なので、この記事は自分が覚えるための意味合いが大きいです。

事業主貸(じぎょうぬしかし)

個人事業主がプライベートな買い物をしたときに事業用のお金で支払った時に「事業主貸」を使って仕訳します。個人事業主ではなく事業サイフ君の目線で貸した借りたと考えるといいです。

事業主借(じぎょうぬしかり)

事業で必要な経費になるものを、個人事業主のプライベートな口座やサイフで支払ってもらった場合「事業主借(じぎょうぬしかり)」の項目で仕訳します。

どちらも「事業」側からの目線で個人事業主に借りるか貸すかを意識すると分かりやすいかもしれません。

「事業主借」「事業主貸」の処理

こうして日々の取引で仕訳がどんどん貯まっていき、「事業主借」「事業主貸」の項目も増えていきますが、この2つは最後の決算(最終的に計算して利益や損失の確認をする)の時に相殺(2つの項目を足し引きする)します。

その結果どちらかが残るかもしれませんが。どちらが残っても所得金額に影響はないので問題無しです。個人事業主と事業の貸し借りを表したものなので費用や売上に影響しないので、あまり気にする必要はないです。

確定申告の際に残ったどちらかの部分を合わせるように、元入金という資本のグループの項目で調整します。

「事業主貸が多い」 ⇒ 元入金から事業主貸の分減らす。

「事業主借が多い」 ⇒ 元入金から事業主借の分増やす。

まとめ

帳簿付けは面倒ですが、個人事業だと自分の行う取引は結構決まった仕訳になることが多いです。

日々の小まめな帳簿付けを面倒くさがらずにやっておくと、確定申告前に焦らなくて済みますよ(自分への戒め)



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!