2段階認証エラーでログインできない?もしかしたらここが原因かも

こんにちは、仮想通貨やら何やら手を出しているMono(モノ)です。

今年初めから始まった仮想通貨の高騰で、たいした金額では無いですが利益も出ています。

今回は仮想通貨取引会社へのログイン時の2段階認証でエラーになってしまったことがあったので備忘録的な記事です。

仮想通貨に関係なく、google認証アプリを使った2段階認証でエラーになる方もまず、チェックしてみてはいかがでしょうか。

手っ取り早く原因を見たい方は「こちら」から下へ飛んでください

PR
スポンサーリンク

仮想通貨取引会社での2段階認証

通常IDとパスワードで自分の口座へログインすることが多いと思いますが、パスワードの使いまわしなどで不正にログインされて預けておいた仮想通貨やお金を勝手に送信されて盗まれる被害が実際に起きています。

そのため仮想通貨取引業者では2段階認証を推奨しています。

2段階認証とは、ID、パスワードに追加してスマートフォンのアプリに一定時間ごとに変更して表示されるセキュリティコードでの確認を行うことで安全性を高める機能です。

2段階認証設定後にログインできない

取引会社は2段階認証を推奨

私は仮想通貨取引会社の「coincheck(コインチェック)」をメインで使っているのですが、コインチェックでは2段階認証を設定しているユーザーは不正ログインにより損失を被った場合でも1回の請求で最大100万円までは補償をしてもらえます。

2017年11月17日からは二段階認証を設定したユーザーに「30,000Satoshi」をプレゼントするキャンペーンを行っていることからもセキュリティ向上に力を入れていることが分かります。

Satoshi(サトシ)はビットコインの最少単位で1Satoshi=0.00000001BTCです。30,000Satoshiは0.0003BTCとなります。

<追記>コインチェックの不正流出問題を受けて1月30日で上記キャンペーンは停止されたようです。

ログインできなくて焦る

当然私も2段階認証を設定。それからしばらく経って仮想通貨が上がり調子というニュースを確認。これは儲かっているかもと楽しみにログインしようとすると・・

「ログインできない・・」

実際にはID、パスワードは合っているのですが、2段階認証の部分でエラーが出てはじかれます。

私の頭のなかはこんな感じ・・

大金では無いですがお金も入っているので焦ります。

しかし、私はビビりなので2段階認証の設定の際にスマホ故障・紛失まで気にして使わなくなった昔のスマホにも2段階認証アプリを入れて2台同時に設定していました。

その昔のスマホを引っ張り出して電源を入れて並べてみます。

「あぁ・・・当然同じ数字が出てるよなぁ・・・・」

「あれ!?」

「残り時間ちがくない?」

30秒後ごとに表示される数字が変わるのですが、時間が経つにつれてどんどん表示される数字がずれていきます。

2段階認証エラー時には時計の設定をチェック

スマホ自体の時刻設定を確認しよう

長々書きましたが、結局スマホ自体の時間設定が狂っていたようでした。もし同じようにログインの際にエラーになる人は、まず自分のスマホの時刻設定の部分を確認してみましよう。

Andriodの場合は

設定 ⇒ (システム)日付と時刻 ⇒ 日付と時刻の自動設定をON

iPhoneの場合は

設定 ⇒ 一般 ⇒ 日付と時刻 ⇒ 自動設定がONになっていることを確認します。

ONにしても電波状況で時刻が取得できていない場合などもあるので一旦OFFにしてからONにしてみる、端末を再起動してみるなど試す必要があるかもしれません。

それでもダメな時は時計の設定以外が原因なのかも。

同じような問題で困っていた人を見つける

先日twitterのタイムラインを見ていたらフォロワーさんのツイートを発見。

もしやと思い、自信が無いながらも返信。

その後、試してみたらログインできたとの返信を貰いました。やはり同じようなことで困っている人もいましたね。

まとめ

最近ではビットコインで支払いが出来るものが増えてきましたね。

私が投稿している「イラストAC」や「写真AC」でも投げ銭機能として、ちょっとしたお礼をビットコインで送ることが出来るようになったりと目にする機会が多くなってきました。

新しいことがどんどん出てくるので使う側の知識が追い付かず日々勉強が必要だなと感じます。

おわり。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る