オロナインH軟膏は髭剃りでの出血に効果はあるのか?

こんにちは、今日髭剃りの際にぽっぺたを切ったMono(モノ)です。

T字のカミソリを使ってるんでたまに切るんですよね。ほんのちょっとの切り傷なんですが、なかなか血が止まらないと地味にツラいです。

朝の忙しい時なんかに切ったりしたときは圧迫しても血が止まらないと、時間も無いのにシャツに着いたりしないよう気を使って支度をしなくてはいけないので困ってしまいます。

そんな時、私は「オロナインH軟膏」を使っています。

PR
スポンサーリンク

実は止血効果もあるオロナインH軟膏

オロナインH軟膏は大塚製薬が出している皮膚疾患・外傷治療薬で、「にきび」に使うことが多いと思います。

実際に効能も

効能・効果

にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

(大塚製薬ホームページより)

と、にきびや吹き出物など目に見える皮膚疾患に効果があるように書かれています。

ですが、配合されている添加物の中にある「硫酸アルミニウムカリウム」という成分が止血の効果も持っているので、少しの浅い切り傷であれば止血を助けてくれます。

私はいつも髭剃り時に、ちょっと切ってしまったときは、たっぷりオロナインH軟膏をつけて傷口を覆い、その上からガーゼやティッシュを折って厚くしたものをテープで貼ってしばらく放っておくようにしています。

15分ぐらい経ってから外すと血が止まっています。今日も止まりました。

それでも、オロナインのメインの効果は「クロルヘキシジングルコン酸塩」という成分の消毒効果なので、止血効果はおまけと考えた方がいいかも知れません。

切り傷の深さによっては効果が無い場合もあるので、ここは注意ですね。

オロナインH軟膏の効能「はたけ」「しらくも」って何?

今日、オロナインH軟膏を切ったところに塗りながら、箱に書いてある効果・効能を見ていたら、聞きなれない「はたけ」「しらくも」という言葉がありました。

何だろうと思い調べてみたので、記載しておきます。

子どもに多い、皮膚疾患「はたけ」

子どもに多い皮膚疾患で、角質がうろこのように剥がれたり、白い斑点、白い粉を吹く状態になる症状があります。

細菌性ではないのですが、原因自体がはっきりしていないらしくアレルギーや体質など様々な要因で発症するようですが、放っておいても治ることも多く比較的軽度の皮膚疾患の位置づけのようです。

頭部の水虫「しらくも」

「しらくも」は頭部にできる水虫で、足の水虫と同じく白癬菌(はくせんきん)が原因で起こります。

足の水虫に比べ感染する確率は低いですが、感染するとその部分の髪の毛が抜け落ちてしまったりフケが多く出るようになります。

私も調べるまで聞いたことがありませんでした。頭部もいつも清潔にしておくよう心がけなくてはいけませんね。

まとめ

オロナインH軟膏は様々な幅広い効能を持つ皮膚疾患の薬ですが、薬局で手に入るものなので薬の強さとしては、それほど強いものではありません。広く、浅くという感じです。

私もしばらく耳の根元部分が乾燥してヒビ状になってしまい、しばらく塗布していたのですが効果が無く、皮膚科に行って、もらった薬を付けたら一発で治ったことがあります。

注意書きにもあるように、皮膚が弱い人や、ただれ、かぶれ、虫刺されの場所には使えないですし、塗布したあとに、赤くなったり、かゆくなったり腫れた場合はすぐに使用を止めましょう。

それでも薬箱の中には常備薬として一本ほしい薬ですね。

子どものころから「オロナイン塗っとけ!」と言われて育ったんで。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る
error: Content is protected !!