(福島県)「いわき市」のカラフルゼリー屋さんと化石博物館へ

こんにちはMono(モノ)です。

先日、福島県のいわき市に用事があって行ってきました。

私の住んでいる宮城県から、いわき市に行くには内陸の東北自動車道&磐越自動車道で向かうルートと海側の常磐自動車道を使うルートがあります。

海側ルートは福島原発があるのですが、高速道路も一般道も通じています。歩きや二輪車の通行は出来ませんが車でなら通ることができます。

渋滞はしていないと思うので途中までは高速道路を使い、あとは一般道で海側ルートで向かうことにしました。

お土産などを買ってきたので、今回はその紹介の記事です。

PR
スポンサーリンク

一般道で福島県の海沿いを進む

車で宮城県を出発し途中までは常磐自動車道で進みます。南相馬という町のインターチェンジで降りて一般道の国道6号線で南下します。

このような看板が出てきて警察官が立っているところがあり、それより先は歩行者や二輪車は通行できないようです。

国道から入れる路地や交差点には全て柵があり、曲がれないようになっています。各家々の門の前にも写真のように柵があり入れないようになっています。

数多く「動物(イノシシ)との接触注意」の看板がありました。

福島原発の近くも通れます。近辺で作業をしていた人達は防護服を着て作業をしていました。

まだまだ厳しい状況であることが分かります。

地図を見ると福島第一原発から、それほど離れていないことが分かります。

私が住む宮城県も震災の被害がありましたが、工事も進み見た目には着実に復興が進んでいるように感じます(全てではありませんが)。

しかし、この地域の国道6号を通ると、崩れた建物や除染した土をまとめて保管している場所が道路脇に見えて、復興には程遠いことが目に見えてわかります。

自分が故郷から出て行かなければならないとなったら・・・泣いちゃいますね・・・。

いわき市の喫茶ブレイクにてランチ

いわき市に到着して用事を済ませたので、ランチです。

いわき市は水族館のアクアマリン福島やフラダンスで有名なハワイアンズという観光施設があります。

ですが、実はデカ盛りグルメも有名でたくさんお店があるんです。

人の顔ぐらいあるシュークリームやコロッケ、バカでかい焼きカツや山のような丼ぶりを出す店など色々あります。

今回訪れたのは喫茶店のブレイクという店で、いわき平(たいら)店と植田店があるのですが植田店のほうでランチを食べました。

お昼も過ぎたので8割ほどの混雑具合ですぐに座れました。注文して15分ほど待つと・・

シチュートースト来た!

グリルサンドセット来た!

グリルサンドセットはハーフセットなので写真のようにサンドイッチ2つですが、通常のミックスグリルサンドウィッチだと4つになります。

1人で4つ食べると、十分満腹になる大きさです。

どちらも食べごたえがあり美味しいです。シチューはとてもパンと合います。

グリルサンドのほうは具が飛び出しそうになるので食べるのが難しいですが、焼いた耳の部分のサクサク感が好きです。

カラフルなゼリー専門店へ

いわきに来ると必ずお土産に買って帰るのが、いわき市小名浜にある「ゼリーの家」という店のゼリーです。近くには、水族館のアクアマリン福島があります。

「ゼリーの家」は住宅街にある、小さなお店で、レトロな雰囲気でカラフルなゼリーがショーケースに並ぶ様は「カワイイ」の言葉がぴったり。

色が映えますね。お土産にもらって開けた時に、こんなカラフルなゼリーが並んでいたら嬉しいです。

層になっていたり、中に小さいゼリーやムースが入っていたりと手間が掛っています。

窓際にはいわき市出身のイラストレーター比佐健太郎さんの紹介がありました。ホームページ見に行ったらLINEのスタンプあった・・・

↑押すと比佐健太郎さんのホームページに飛びます。

ストラップも販売されていました。これもカワイイ。

いわき市石炭・化石館「ほるる」

いわき市の石炭・化石館「ほるる」に来てみました。

いわき市には何回か来たことはありますが、ここは初めてです。

ここには、いわき市の石炭坑道の再現や化石資料が展示されている施設です。

子供の頃より大人になってからのほうが、こういうところに行きたくなります。

フタバスズキリュウがお出迎え

エントランスに入ると、中にもフタバスズキリュウ。

化石展示室

展示室に入るとたくさんの化石がたくさん展示しています。上から吊るしてあったり照明の感じで更にかっこよく感じますね。

有名なトリケラトプス(右)もいました。

近くで見ると迫力があります。

襲いかかってきそうなポーズでの展示。

首長すぎ!本当に存在してた!?

化石の他には、石炭や岩石などの標本やパネルなど中々勉強になる展示物が多くあります。

写真だとちょっと迫力が伝わりづらいかも。

模擬石炭坑道

施設内には昔から現代までの石炭採掘の歴史を展示した模擬石炭坑道があります。

エレベーターで降りるのですが、地下600mまで降りたような雰囲気で進みます(実際は降りていない)エレベーター内部が少しの間だけ真っ暗になって驚きました。

こんな感じで昔の坑道を再現しています。木の枠で支えてますね。

当時の採掘状況ははとんど手作業。

近代になると機械の活躍でぐんぐん掘れます。

技術の進歩で鉄の枠組みで坑道を支えるようになりましたね。

まとめ

こんな感じで、ちょっとだけ観光をしてきました。

いわき市は大きいので見どころも多く、また行ってみたいです。

買ったゼリーは家まで持ちかえって食べました。中には見た目が地味なゼリーもありますが味はとても美味しいです。

カラフルじゃないゼリーも美味しい!

包みもレトロな水玉ビニール風呂敷。今見ると逆に良いなぁ。

機会があれば、ぜひぜひ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!