小さな子どもを持つ親に知ってほしい弱視の大人が語る症状と治療の話

こんにちは、Mono(モノ)です。

いやー、パソコンで作業してると目が疲れますね。パソコンを使う仕事なので非常に目を酷使します。

目といえば、実は私は弱視です。片方だけですけどね。

なので普段は、はっきり見えるほうだけの目を使っており、弱視の方の目はぼんやりとしか見えず色や形を感じるために使っているようなものです。

弱視は子どもの時に気が付いて治療を始めないと成長してからは手遅れになります。

私の友人にも片目が弱視の人がいるので、意外と多いのかなと思い実際に弱視である私が経験を含め説明したいと思います。

小さい子どもを持つお父さん、お母さんに読んでほしいです。

PR
スポンサーリンク

私が弱視に気が付いた経緯

小学生になってから視力が弱いことに気づく

私が片目の視力が良くないと気が付いたのは小学校に入ってすぐでした。

視力検査の数値が右目が2.0と抜群に良いのに、左目は0.1~0.2しかないことに親がびっくりして病院に連れて行かれました。

私の記憶では、更に小さい幼稚園の頃などは、私が検査を嫌がってグズって拒否していたような思い出がありますし、片眼ははっきりと見えるので親も気が付くことが出来なかったのだと思います。

眼科医の言うことがバラバラで混乱

いくつかの眼科を回ったのですが、眼科によって乱視だ、遠視だ、治る、治らないと色々なことを言われました。

弱視という言葉も出ていたのかもしれませんが、私はずっと弱視という言葉の意味を知らずにこの後も過ごします。

今から30年近くも前の話でインターネットで情報を得ることも出来なかったので医者の言う事を信じるしかないですし、親も人に聞いて良さそうな治療方法があれば出向いて私に受けさせていました。

「気」の力で治す宗教団体のようなところにも行った記憶があります。残念ながら少しも改善しませんでした・・・。

大都市の総合病院で見てもらったときに「アイパッチ(目を覆う絆創膏)」で健全な方の目を隠して、矯正用のメガネで弱視の目を強制的に使うようにする治療を行いました。

今に思えば、これが正解の治療法だったのですが、当時の私は治療が嫌で嫌でたまらなく、ズルをしてメガネをしなかったりアイパッチを外してしまっていました。

そのため視力は全く改善せずにそのままとなります。

大人になってからやっと自分の目の状態を理解する

自分の目が悪いということを認識しつつも状態を調べもせず、視力は変わらないまま成長しました。

大人になっても「弱視」という言葉自体、理解していなかったかもしれません。

結婚後、私の奥さんも目が悪いのですが「裸眼でも近くで見ればはっきり見えるしメガネやコンタクトを着ければ視力が上がる」ということを聞き、

「あれ、自分は近くだろうが遠くだろうがピントが合うポイントは無いし、子どもの頃、眼科でメガネを掛けた時もはっきり見えたことは無かった・・・奥さんの目の悪さとは根本的に違うのか・・・」

と、自分の目の状態にやっと気が付くのです。それまでは「いつかレーシック手術でもやれば治るだろう」とか考えていました。

眼科に行くと先生に、あっさりと「弱視です。大人になってからでは、もう視力が改善することは無いです」と言われました。

確認のために弱視の目に対して色々な強さのレンズで視力矯正できるか試してみましたが0.2以上に視力が上がることはありませんでした。

子どもの弱視は視機能の未発達であるものが多い

子どもの弱視は生まれつき眼球に異常がある弱視もありますが、何らかの要因で目をしっかり使えていない(網膜が鮮明な画像をとらえていない)場合に脳の画像を認識する機能の発達が止まってしまう弱視が多いそうです。

片目は正常、もう一方は視力が弱いとなると、片側の正常に見える目だけに頼ってしまうので視力の弱い方の目を使わなくなり発達に必要な刺激が脳に届かなくなります

眼球自体には異常がないので、レーシック施術などをしても効果がありません。

子どもの目は生まれたばかりの時には光を感じることしかできず、1~2歳ぐらいから急速に発達し3~4歳くらいではっきりと見えるようになり、6~7歳で立体的にモノをとらえられるくらいに完成します。

私が小学校入学後に弱視に気が付いたのは遅いぐらいで、アイパッチと矯正メガネでの治療は早ければ早いほど効果は高まります。

小さい子どもは自分の目が見えにくい事を伝えることは難しいので3歳児検診などの視力検査で確認することは特に大事です。

また、普段こどもが見えにくそうにしていないかをお父さんお母さんが気にしてあげることも大切です。

私のように片目だけが見えにくい場合は親も気づきにくいようです。

片眼弱視の問題点

私は子どもの頃から片目が弱視ですが、健全なほうの目がはっきり見えるので日常生活に問題はありません。車の免許も持っていて日常的に運転していますしパソコンを使って仕事もしています。

ですが、もし健全な方の目の視力が下がったらと考えると不安になります。実際年齢を重ねるにつれて徐々に視力は落ちてきています。

以前、実家に帰った時に片目の視力が弱いことを親と話した時に、責めるつもりで話題にしたわけでは無いのですが両親ともしょんぼりしてしまったので、責任を感じさせてしまい申し訳ないと感じました。親が頑張ってくれたのは知っています。

私の場合、日常生活に支障はありませんが、裸眼で視力が弱くて矯正出来ない場合、就くことが出来ない職業もあります。

警察官や消防士、パイロットなどは、それぞれ就職するには視力の基準があるようで矯正視力でいくつ以上と決まっているようです。

私も電車の運転士になりたかったことがあり問い合わせをしたことがあるのですが、矯正視力で両眼とも1.0以上の規定があり断念したことがあります。

まとめ

メガネを掛けない裸眼の状態で視力が悪くても、メガネを掛ければ1.0などに視力が上がる場合は弱視ではありません。

メガネをかけても矯正が効かない状態を弱視といいます。

3歳までの間の視機能が成長している期間に目を使わない原因があると弱視になってしまうことがあります。

目のケガなどで眼帯を長期間していたりするのも良くありません。

もし「子どもが弱視かもしれない」と感じたら、出来る限り早く眼科医に相談をして治療を開始することが大事です。

3歳という、子どもが正確に自分の状態を伝えられない時に治療が必要かの判断となるので、お父さんやお母さんは注意深くお子さんを気にしてあげて欲しいと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!