肩・腰が痛い!マッサージ店の検索・予約はEPARKリラク&エステが便利

こんにちはMono(モノ)です。

会社で働いていた頃も自営業として働いている今も、座っての作業が多いです。そのため肩こりや腰、背中が痛くなることが多いです。

運動不足や座っているときの姿勢が悪いのも分かっているのですが、長時間座っているうちにだんだんと座り方が浅くなって、背もたれに背中を預けるような座り方になってしまいます。

俗に言うエンジニア座りというやつでしょうか。

時間が経つと肩や腰が痛くて座りなおしたり、立ち上がってストレッチなどの血流改善をしたりの繰り返しです。

PR
スポンサーリンク

肩と腰の痛みを取る方法は無いか?

マッサージチェアーを検討する

家にマッサージチェアーを置いたらどうだろうと考えたこともあります。20代の頃は考えもしなかったことです。あの頃は多少姿勢が悪くても体に不調は出ませんでした。

会社帰りに電器店のマッサージチェアコーナーで揉み心地を試してみると昔に比べてマッサージチェアーはすごく進歩しました。

揉み玉での刺激だけではなく絶妙な圧力のエアーで腕や足をギューッと刺激したり、足裏を強めに刺激してくれたりと本当に気持ちがいいです。

私のお気に入りは「パナソニックのリアルプロ」というマッサージチェアです。他のメーカーのマッサージチェアも試しましたが、エアーの圧力や足裏の刺激、全体的な揉み心地がとても良いです。

【送料無料】パナソニック マッサージチェア リアルプロ ブラック EP-MA76M-K [EPMA76MK]【RNH】
by カエレバ

しかし、電器店で頻繁に試してはお店の迷惑になりますので自分の家に設置したいのですが、簡単に手が出る値段でないのと、狭い賃貸住宅では置き場が無いので諦めるしかありません。

↓こちらの小さいタイプは真剣に考えたんですけどね。

【標準設置費込み】 パナソニック マッサージチェア EP-MA37M-C アイボリー
by カエレバ

マッサージ店の利用を考える

整体やマッサージ店は十年以上も前に利用したきり、しばらく利用していなかったのですが、慢性的に肩や腰が重く、痛くなっているので揉みほぐしてもらおうと考えました。

昔、最後に利用したときに担当してもらったマッサージ師さんが巨漢の力士みたいな人で力が強めで痛かったので若干トラウマ気味でしたが、家の近くでマッサージ店が無いか探してみました。

「EPARK リラク&エステ」で簡単に検索と予約できる

「EPARK(イーパーク)」という様々な施設の予約・受付ができるサイトの中に「EPARK リラク&エステ」というマッサージやリラクゼーションの店舗検索や予約ができるサイトがあります。

このサイトでは地域やジャンルから自分が住んでいるところに近い店舗を検索することができます。

↑私は宮城県在住なので宮城を選択すると・・

↑一覧が表示されました。路線や地域を細かく指定することも出来ます。

表示されたお店の口コミやスタッフの数、マッサージのコース、空きの確認と予約も可能です。お店によっては初回利用者限定のクーポンがある店舗もあるので初めての人はお得に利用できます。

また、「キャシュポ」というEPARKリラク&エステのサービス利用によって現金が貯まる仕組みがあり、キャシュポはマッサージ店予約時に支払い代金に充てるかキャッシュバックとして銀行に振り込んでもらうことができます。

↑私も「EPARKリラク&エステ」を利用してマッサージ店で施術してもらい、その後マーページで確認するとキャシュポが貯まっていました。

肩と腰が軽い!マッサージは人の手が一番か!?

予約してマッサージ店にいくと、問診票を記入して痛みがある箇所や普段の仕事の状態などをヒアリングしてもらった後、施術用のベッドに案内されました。

マッサージを受けながら「強さはどうですか?痛すぎないですか?」「この左側の部分が硬くなっていますね」などと受け答えしながら、いた気持ちいい感じで45分ほどの施術をうけました。

終わった後、お疲れ様ですと声を掛けられ立ち上がって肩を回すと・・・

軽くなってる!!!

思わす声が出ます。肩だけでなく腰も痛みが引いた感じがします。

施術してくれたスタッフさんによると、治ったわけでは無く姿勢や血流が悪い状態が続くと、また同じように痛くなるので、姿勢の改善は気にかけてくださいとのこと、十年以上ぶりにマッサージを受けたので効果が感じているのではないかとも言われました。

まとめ

しばらくして、姿勢改善することもなく悪いままの私は案の定、肩・腰がじわじわ痛くなってきています。

やはり普段からの運動や姿勢を正す心掛けが重要なんですね・・・。

また同じ店を利用しようか、それとも違う店も試してみようかとサイトを見ながら考えています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る