どうでもいいことを考える「今どきの若者は顔小さい」

先日、朝ごはんを食べながらワイドショーを見ていると、奥さんが「今どきのカップルだねー」と声を掛けてきました。

テレビの中では若いカップルがインタビューに笑いながら答えていました。

「今どき」の意味が見てすぐに分かりました。男女ともに顔が小ぶりで手足がすらっと長く最近の若手俳優のような感じだったからです。

テレビを見ていると、どんどん新しい俳優や女優、タレントが出てきて、テレビに出る人だからスカウトやオーディションで選ばれたような人だから顔が小さくてスタイルがいい人ばかりなのかなと思っていました。

でも、なんとなく「顔が小さく手足長め=イマドキの若者」という認識になっていたんだなとテレビを見て思いました。

顔が小さい若者に思う

親の顔が小さいのに、生まれた子が急に小さくなるとは思えません。

小さくなるのが進化なら、もっと長い年月を掛けて小さくなるはずです。

「顔小さい!カワイイ~!」と顔が小さいことは可愛いと認識される条件の一つなのかもしれません。実際モデルさんやタレントさんでも「顔が小さいな~」と思う人は多いです。

で、あれば顔が小さいことは理想であり、顔が小さくなりたいという思いが実はみんな大昔から心の中にあって、それが今進化として形になっているのかもしれません。

もしくは、顔が小さいというのは骨格の問題だと思うので、実は知らないだけで顔に巻いて使う骨の成長を抑える矯正器具などがAmazonで販売していているのかも知れません。

と、頭が大きい旧世代の体形をした私は考えます。

「どうでしょうか!?」

嫁「はやく飯を食え」

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!