鼻毛は毛抜き、ハサミだという人に是非!愛用の鼻毛カッターを紹介

毎日、生活していると色々な物を買って使ってを繰り返します。

今日ふと鼻毛が伸びているのに気が付いて「あ、鼻毛切ろー」って思い。鼻毛カッターを手に取りました。

奥さんに「その鼻毛カッター(買って使っている期間が)長いね」と言われたので「あー。これ使い心地がいいんだよね」と返しました。

この鼻毛カッターは気に入っている買ってよかった物の一つです。

とても良いものだと思うので紹介することにします。

PR
スポンサーリンク

鼻毛を抜いたりハサミでカットしている人に使ってほしい

それがこのパナソニックのエチケットカッター(鼻毛カッター)です!!

↑ちなみに私が買ったのは結構前なのでNational(ナショナル)ブランドです。

※ナショナルは松下電工のブランド名でしたが松下電工がパナソニックに社名変更したときにブランド統合され無くなりました。

もう購入してから10年近くになると思いますが週に1、2回使う頻度でこれまで故障はありません。

一度だけ中の刃の切れ味が悪い(ブツブツと鼻毛が切れたり引っ張られる感じがした)ので替刃のみ買い替えたことがあります。

このカッターを買うまでは私は鼻毛を抜いたり、ハサミでカットする派でした。

しかし、鼻毛を当たり前のように抜いた次の日、鼻の中に軽い痛みを感じ鏡で鼻の中を見てみると赤くなっており、指を突っ込んでみると明らかに腫れ上がっていました。

どうやらバイ菌が鼻毛を抜いた穴に入り込み化膿してしまったようで2、3日は痛みが取れませんでした。

(調べたところ鼻毛は基本的に抜かない方がいいとのこと、この時以後、私は鼻の中が化膿して腫れやすくなってしまいました。皆さんも気を付けてください・・・)

それ以来、カットしにくい部分以外はこのエチケットカッターを愛用しています。

エチケットカッター(鼻毛カッター)のここが良い

※以下は従来タイプのエチケットカッターについてです。現在は同じ形で更に高性能になった機種が販売されています。

安全で速い

使い方は簡単で鼻の中に先端を突っ込むだけ。構造上引っ掛かって奥深くまでは入りませんので鼻の中で軽く壁に沿うように動かすとキレイにカットされます。

鼻の内側、ちょっと鼻の穴が細くなっている部分はカッターの先端がうまく当たらず切れにくい時があります。

私はこの時だけ、うまく切れなかった1、2本を毛抜きで抜いたりハサミでカットしています。

このエチケットカッターは中でカッターが回りながら、外側のスリットから入り込んできた鼻毛をカットする仕組みですので直接刃物が鼻の中の壁に当たるわけではないので安心して使えます。

鼻の中に入れるとあっという間にカットが出来るので、朝の忙しい時など非常に楽です。

現在の機種は側面からの毛だけでは無く上面から入った毛もカットも可能です!鼻だけでは無く耳毛や眉毛、髭の手入れにも使えます。

カッター自体のお手入れが簡単

中でファンが回っているのでカットされた鼻毛は吸いこまれ中のフィルター部分に貯まっていきます。

鼻毛処理が終わった後は先端のカッター部分の部品を簡単にバラせるのでお手入れも簡単です。

↑ちょっと捻るだけで先端部分の部品を分解することが出来る。

本体以外の先端部品は丸ごと水洗いできるので清潔に使えます。(使用後は細かくカットされた鼻毛カスが結構溜まる!!!)

私の持っている機種は刃の部分のみ水洗い可能ですが、現行機種は刃がバラせるうえに本体も水洗い可能です!!

単三電池1本で動く

電源は単三乾電池1本です。我が家ではエネループの充電式乾電池を使用しています。一回充電すれば使う頻度にもよりますが3~6ヶ月くらいは使用できます。

↑本体下を捻ると電池フタが取れます。

まとめ

今現在、鼻毛を抜いたり、ハサミでカットしている人には是非おすすめしたいです。

「あれっ」っと気づいたときに手早く処理できます。

私が持っているのは、ナショナル時代のものなので鼻毛専用ですが、現在は同じ形で更に高性能になり鼻毛以外に耳毛などの処理も可能です。

また、本体も水洗いできるようになり更に清潔で使いやすいようです。

下が私が使っているものと同形状で現行モデルのパナソニック

「エチケットカッター ER-GN50」

また、直接水道から刃の部分に水を掛けて洗うことが出来る

「エチケットカッター ER-GN30」

替刃のみの水洗い可能で本体の水洗いは出来ませんが、コンパクトで形がカッコいい

「エチケットカッター ER-GN20」「エチケットカッター ER-GN10」もあります。

是非、鼻毛カットして指を突っ込んで刈り心地を感じてもらいたいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る
error: Content is protected !!