NuAns NEO [Reloaded]を4ヶ月使ってみてのイマイチなところ

前回の記事でトリニティ社のAndroidスマホ、NuAns NEO [Reloaded]を購入して4ヶ月使ってみての良いところを書きました。

4ヶ月ほど前にスマートフォンを買い替えました。これまでもAndroidスマホだったので、同じくAndroid機を選択。 ...

(トリニティ社ホームページより)

今回はイマイチなところを挙げていきます。

アップデートで初期の不具合などが改善された点もありますので、今後も改善されるのを期待していますので内容は2017年10月現在となります。

PR
スポンサーリンク

NuAns NEO [Reloaded]のイマイチなところ

当初は、画面の端が反応しにくく画面のスクロールに支障があったり、wi-fiがブツブツ途切れるといった不具合があったのですが、アップデートで改善しました。

カメラ性能があと一歩

発売直後のカメラ性能は手振れがしやすく、ちょっとでも暗いところだと使い物にならない印象でした。撮れればいいというレベルしか求めていない人でも「う~ん」となるレベル。

アップデートによってシャッタースピードの調整が入り、多少改善しました。それでも暗いところは苦手なようで、あと一歩だなぁと感じます。

日々の記録程度or十分に明るい場所であれば問題なく使えるレベルではあります。

私は標準のカメラアプリではなく「Open camera」というカメラアプリを入れてこっちを使っています。少しこちらのほうがいいかなと感じる程度ですが。

LEDの通知ランプが欲しかった

メインカメラ下のLEDフラッシュを通知用ランプとして使うことが出来るようですが、背面になってしまうので前面上部あたりに通知ランプが欲しかったと個人的に思います。

何度か大切な連絡が来ていたのに気が付かなかったという場面があったので(画面側を上にして置いてしまうことが多いので)

バンパーを付けるとカッコ悪くなる(慣れるけど)

落下保護のために上下に別売りのゴムバンパーを付けると一気にカッコ悪くなります。でも保護性能は上がりバンパー部分が指に引っ掛かり持ちやすく安定もするので、いいところでもあります。

バンパーを付ける前は上下面に装飾のスジが入っているのですが、その部分も隠れてしまう。

元々のスタイルがカッコいいのでバンパー付けた瞬間は麦わら帽被せて長靴履かせたみたいにダサくなります。でも使ってるとその見た目に慣れますけどね。

手帳タイプのカバーだとさすがにでかい

NuAns NEO [Reloaded]には背面分割カバーではなく、手帳タイプのカバーもあります。

こちらのカバーはマグネットでピタッと閉じて使いやすいですし、内側にはポケットがありカードなどを収納しておくのに便利。画面に当たる部分はスエード生地で手触りがいい。

と、中々良いものなのですが・・デカいです。

元々厚みのある機種でそれなりの重さもあるので、それに手帳型のカバーを取り付けるとなると重さと大きさが気になってしまいます。

私はスマホをポケットに入れて持ち歩くタイプなので、ちょっと大きすぎました。カバンに入れて持ち運ぶ人でしたら、この点は気にならないと思います。

まとめ

NuAns NEO [Reloaded]を4ヶ月使ってみてイマイチと感じた点は以上でしたが、良いところと比べると全然少ないです。

普段使いに十分対応できるレベルの機種であると思いますし、私の使い方には合っていると感じます。

背面カバーの着せ替えで気分を変えることが出来るのが気に入っているので、また別のカバーを追加購入しようかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る