講師暴行動画に思う。いつの間に時代が変わった?

福岡県の私立高校で生徒が講師を暴行し、周りの生徒の笑い声が入った動画が拡散されて騒動になっているそうです。

講師は23歳ですので、まだ経験も浅いでしょうから授業をこなしながら生徒の対応もというのも大変かもしれませんね。

先生側が手をあげれば「体罰だ!」「教育委員会に報告だ!」となりますので正当防衛とはいえ加減が難しいんじゃないでしょうか。勉強以外に護身術も身につけなきゃいけない。

高校教師って「身体的には、ほぼ大人と同じ体格となった精神的には未熟な状態の人間」を教育しながら指導していくって割に合わないと思うのですが・・先生たちを尊敬します。

ここから先は昔話ですが、私が学生だったのは20年も前なので、今とは大分状況が違います。おそらく今の子供達がその当時の学校を見たら驚くでしょう。

何故かというと、現代で「体罰」と呼ばれるものが当たり前のように行われていたからです。それを私達は「体罰」とは思っていませんでした。口の中が切れて血が出ても、殴られて鼻血が出ても「しつけ」だと思っていました。

別に私が変態なわけでも洗脳されていたわけでもありません。

遅刻したから、忘れ物をしたから、宿題をしてこなかったから、悪ふざけしたから、騒いだから、

叩かれるのは当たりまえだと思っていたんです。

今になって思えば、あれは先生やりすぎだったんじゃないの・・と思う部分も多々あります。

でも私達の親世代も同じような環境だったので、ちょっとやそっとのことでは学校に文句を言う親はいなかったです。「先生に叩かれたんだからお前が悪いんだろ」と言う親が多かったのでモンスターペアレンツは少なかったと思います。

私が高校に入学したころこんなことがありました。

初日ですからね・・・この先どうなるのか不安でしたよ。遅刻したら廊下に遅刻した奴らが並べられて一人ずつ先生に殴られましたからね。

ちなみに別の高校に進学した地域でも偏差値上位の高校の友達にこのことを話したら、「うちも同じようなもんだよ。今日も先生にビンタ食らったし」と言っていたので社会全体が今のように体罰に過敏では無かったのだと思います。

私は体罰は反対です。体は痛いし心にも傷は残ります。

昔は良かったなんて言うつもりはありません。全然良くないですから。叩かれてるし。

でも、先生が馬鹿にされたり反撃されるような状態はもっと良くないです。やはり先生は少し怖くて、それでいて尊敬できる存在でないといけないと思います。

「それ、体罰だろ!」「何やってんだ教育委員会!」と過剰な反応を示す社会が先生達をやりづらくさせているのかな・・

生徒が先生の胸ぐらつかんで暴力をふるうような世の中だなんて時代が変わりましたね。20年前は「しつけ」という名の抑止力が教室にかすかな緊張感を張らせていました。

ちなみに私の学校には下のイラストのような先生がいました。この先生をリスペクトできるかというと難しいですが、授業は分かりやすくて恐怖政治でみんな真剣に授業に取り組んでいたことは事実です。授業中に騒いだりふざけたりする生徒は一人もいませんでしたね。

※授業中はタバコは吸いません!!(部活中は吸う)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

PR
スポンサーリンク
トップへ戻る