投資

ビットコインやリップルなどの仮想通貨の動きが大きくて怖い

2017/05/19

投資の種類を増やすために、最近話題の仮想通貨も少し購入しています。

仮想通貨で有名なのは「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」などですが他にも「ライトコイン(LTC)」や「リップル(XRP)」など仮想通貨の種類は現在500とも700とも言われています。

仮想通貨には国際送金時の手数料が安くて速い、暗号化の技術による安全性などのメリットがあり、大手銀行も開発に乗り出すなど最近話題になっていますね。

私も少し前に「ビットフライヤー」という取引会社の口座を開設して入金し少しですが「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」を購入してみました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↓ビットコイン/日本円のチャートです。1ビットコインが日本円でいくらかを示しています。

3月の後半に1ビットコイン100,000円を切ったところで反転し右肩上がりで1ヶ月ちょっとで169,000円にタッチ。1.7倍です。

私は30,000円ほどしか購入していなかったですが、儲けが出ています。嬉しい反面、短期間での荒い動きが怖くあります。

ビットコインの取引量が世界で一番多いのは中国です。中国国民が人民元よりもビットコインのほうに信頼を持ってしまうと政府としては当然困るので規制強化などというニュースがあると、みんなが「持っているとヤバい」と手放してガク―ンと下がるといった状況のようです。

仮想通貨はビットコインが有名ですが、それ以外の仮想通貨もそれぞれ特徴を持っていて今後に期待できると思っています。

例えばビットコインに次ぐ時価総額2位の「イーサリアム」には取引で行われる契約を自動的に実行・保存していく機能があります。記録された情報は書き込まれて蓄積し、その内容は世界中の誰もがいつでも見れる(監視)ので改ざんや偽造することが出来ません。そのため非常に信頼性が高いのが特徴です。

また「リップル」という仮想通貨はグーグルが出資したことで有名で支払いシステムに特化した仮想通貨です。これまで海外送金では中継する銀行を通す為、手数料や日数が掛っていました。リップルのシステムでは銀行では無く日本円とドルの間にリップルを挟むことで迅速な送金を行うことが出来ます。これまで数日かかっていた送金をわずか数秒で完了させることが出来ます。

今後値上がりが期待できそうな仮想通貨を安いうちに購入しておくことで、もしかしたらドカーンと値上がりして売却益を狙えるかもしれません。

たくさんの仮想通貨が存在するので、その中から近い未来に話題になる通貨を探し出すのも面白いかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-投資
-