3ヶ月経過後の相続放棄の手続きをしたので参考になれば

IMG_20170317_224731

先日、親戚内で被相続人(相続させる財産を持っていた人、親とか)の財産を相続放棄する事案があったので同じような状況になった人の参考になればいいので記しておきます。

まず重要なポイント

  • 財産は土地や現金、株式などのプラスのものだけでなく負債(借金)などマイナスのものも「財産」である。
  • 単純承認・・・単純に相続してプラスの財産を相続した場合、マイナスの財産も相続することになる。
  • 限定承認・・・遺産が差し引きプラスだった場合に相続したい場合。他の相続人全員での手続きが必要。
  • 相続放棄・・・プラスもマイナスもどちらの財産も相続しない。他の相続人に関係なく単独で行える。

と相続には3つの方法があるのですが限定承認は相続人全員の了解が必要で時間も経費もかかり差し引きでプラスの遺産が大きくないとメリットが薄いようです。

相続放棄は単独で家庭裁判所に申述して承認されれば放棄できるので「借金あるの分かってるし遺産なんかいらない」という人はこちらですね。

しかし相続放棄の原則として「被相続人が亡くなったことを知った日から3ヶ月以内(死亡した日では無い、知った日)」というのがあり、これを経過すると、すんなり認めてもらえない場合があるようです。

しかも相続放棄の申請は1回限りなので長期間経過したあとに適当に申請して認められないと再チャレンジが出来なくなるようです。

PR
スポンサーリンク

親に借金があることを知らず、ある日催告書が送られてきた

以上を踏まえて、今回親戚が相続放棄の手続きをしたのを手伝った経緯です。

  • 死んだ人(被相続人)・・A母さん(Bさんの母)
  • 相続人・・・B子さん(A母さんの子)
  • A母さんの夫(B子さんの父)はすでに他界

A母さん死亡後4年経過したあとにB子さんの元へ信用保証協会から催告書が送付されてきました。A母さんが亡くなった時にB子さんは相続放棄などの手続きをしなかったので自動的に単純承認したものとみなされ生前A母さんが持っていた借金はB子さんに相続されたのでB子さん宛てに支払うように通知がきたのです。

4年の間に督促状や借金の支払いに関する連絡は無く、この催告書でA母さんに借金があったことをB子さんは知りました。

4年間の間に延滞金がふくれあがり驚くような金額になっていたため私が相談を受け、簡単には払えないだろうと判断し一緒に弁護士さんに相談に行きました。

この時相談した弁護士さんには「支払う必要があるが減額は請求できるでしょう。話合いで妥協点を探すようになる」と言われました。

A母さん死亡時に何の手続きもしなかったB子さんにも落ち度があると思いますが、B子さんはA母さんと一緒に住んでおらず借金自体を知ることも難しかったのだから、借金自体どうにかならないのかなと考えた私は次の日に別の弁護士事務所3箇所に無料法律相談に行きました。

この条件なら今からでも相続放棄できる

3人の弁護士さんは皆さん「この内容なら今から相続放棄の申請をしても認めてもらえる可能性がありますよ」と言ってくれました。

ただ原則3ヶ月以内に行わなければならない相続放棄の申請を4年経過してから行うので納得できる内容の書面を添えて出さないといけないとのことでした。

今回相続放棄できるだろうと判断された条件として

  • B子さんはA母さんと同居していなかった。
  • A母さんとB子さんは頻繁に連絡を取り合ったり、家を行き来していない(財産の存在を簡単に知ることが出来ない)
  • A母さんのプラスの財産(通帳の現金など)に手をつけていない(プラスの財産の存在を知らなかった)
  • A母さんに生前借金など財産の話をしたことがあるが借金の存在を話さなかった(隠していた?)

以上の条件が揃っていたので「催告書が届いた日が相続開始に関して知った日である」として放棄申請を行うということでした。

申請は失敗できないので弁護士さんに書面の作成や申述をお願いしました。

申述書の提出から承認までは3週間くらいでした

弁護士さんに申述書(経緯や内容を詳しく書いてもらった書面)を用意してもらったり、必要な書類を取り寄せてもらったりするのに多少時間が掛りましたが書類がそろって提出してから相続放棄が承認されて受理通知書が来るまでは3週間ぐらいでした。

弁護士さんから裁判所に申請を行ったあとに、B子さん宛てに裁判所から照会書という「弁護士さんから相続放棄の申述が来てますが間違いないですよね。あなたの意思ですね」と確認する書面が送られてきましたので記載して返送しました。返送後数日で「相続放棄を受理しました」という内容の書面が弁護士さん宛てに送られ、弁護士さんは受理の証明書(必要な場合は別途裁判所に申請必要)を手に入れて依頼人であるB子さんに完了の連絡がありました。

連絡をもらいB子さんも手伝いをした私もホッとしました。

まとめ

これまで弁護士さんと話すことなど無かったのですが、実際に相談してみると弁護士さんにも得意不得意の部分があるようで質問に対し六法全書をめくりながら「う~ん」と調べ出したり、「大丈夫ですよ、ご自身で申請出来ますから」と引き受けてくれなそうな雰囲気で頼みづらい感じの弁護士さんもいました。

人が死ぬときに相続は必ず発生するので誰にでも起こる可能性があるトラブルです。話しにくい事かもしれませんが親が生きている間に少しでも話しておくことが大事だと感じました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る