高齢の両親にタブレット端末をプレゼントしました

私の両親は共に60半ばです。二人ともデジタルには無縁で父は今だに通話専用のガラケーですし、母は携帯自体持っていません。

2人ともインターネットの存在は知っていますが触ったことは無く、おそらく便利だとは思うけど無くても困らないだろうという考えです。

一緒に住んでいないので、なおさらメールやLINEで連絡を取るためにスマホなりを持たせたかったのですが「あー、難しくてわかんない」「使いこなせない」と中々興味をもちませんでした。

しかし先日実家でトラブルが発生し、役所や金融機関などを走り回って対応しなければならない事態になったのですが「調べる」ということが出来ない両親がオロオロしてしまい、結局私が必要な情報(役所の場所や相談できる専門家の連絡先、営業時間、窓口)をプリントアウトして車で実家まで走り、届けて説明、相談窓口へ付き添うことになりました。

あわただしく対応し両親の代わりにあちこち走り回った私に対し、迷惑を掛けたと感じた父と母は「ありがとう、申し訳ない、ごめんな」と気にしていました。

私自身は自分の親なので助けて当然ですし迷惑とは感じませんでしたが、もしパソコンやスマホを両親が少しでも使えてインターネットで調べることが出来たらこんな利点があったよということを説明しました。

・今回、自分達が巻き込まれたトラブルの内容や対処方法を調べることが出来る。

(トラブルの内容自体が分からず不安だけを抱え、悪い方へ考え込み2人して落ち込んでいた)

・トラブルに対しての相談窓口や営業時間、連絡先が分かる。

・自分でうまく調べることが出来なくとも私など周りの人間に連絡することでメール等で調べた結果やアドバイスを受け取れる。

(今回は紙にプリントアウトしたものを私が車で走って届けに行った)

両親は「確かに。必要だな・・・」と重要性を認識したようでした。

これから先、ますますインターネットが普及し今までネットと関係が無かったサービスにも採用されていくと思われますし、60代半ばの両親が今インターネットに触れなかった場合に10年後の70代半ばで「やっぱり覚えなければ」と思い立ち始めたとしても中々覚えられないのではないかということも言いました。

PR
スポンサーリンク

高齢者が使うインターネットについて考えてみた

両親はパソコンを触ったことがありませんしパソコンで何が出来るかを説明しましたが興味が無いようでした。

しかしインターネットで調べものができるということは便利だし必要なことだという認識で実際に私のスマホを触らせたことで少し興味を持ちました。

そこで出た意見は、

・小さいから見えにくい、目が痛い

・ボタンがいっぱい(アプリ?)で分からない、覚えられない。

・操作をしていく中で分からなくなったらどうしていいかわからない

・キーボードでの文字入力に自信がない

・分からないうちに買い物をしてしまって請求されたりしたら怖い

などでした。

以上の意見を考慮し、両親には私のほうからタブレット端末をプレゼントすることにしました。

本当はiPadにしようと考えましたが(ホームボタンが1つなので)、Android端末でも設定済みのものを渡せば問題無いので私が使用していたタブレットを設定し直して渡します。

img_20161231_004927

googleのタブレット端末Nexus9です。8.9インチと見やすく扱いやすい大きさです。

アプリは最小限の天気やニュース、カメラ、地図、母の好きな料理のレシピ、ボケないように頭の体操でオセロなどを入れてみました。

私のスマホを触らせた時に検索キーワードをマイクでしゃべって認識できると教えたのですが、キーボード入力が難しそうだと思っていた両親は「これなら出来そう」と安心していました。

文字の大きさは大きめに設定し、分からなくなった場合のホーム画面への戻り方、住所などを入力しなければ間違って買い物をしてしまうことは無いことなどを説明しました。

インターネットへの接続ですが、私の方で管理するために既に契約しているIIJmio(格安sim会社)のファミリープランにsimカードを追加して通信容量をシェアすることにしました。

IIJmioのファミリープランでは月10GB(余った分は翌月くりこし)の通信容量でSIMカードを追加することで家族内でシェアすることが出来ます。

私と妻は家の中で自分のスマホはwi-fiに繋いでおり、毎月容量が余っていたので足りなくなることは無いと思います。

私の方で家族が使用しているSIMカードそれぞれがどのぐらい容量を使用しているか分かるので使いすぎる場合は連絡をすればいいですしね。

まとめ

両親としては便利なことは分かっているけど、端末を手に入れて契約を結んで実際に使用するようになるまでハードルがありすぎて、あきらめていた部分もあるようでした。

もう少し早く息子として気づいて手助けしてあげられれば良かったなと私も思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



トップへ戻る