物騒な世の中だから「個人賠償責任保険」に加入をすすめたい!

個人賠償責任保険という保険を知っていますか?

簡単に言うと日常の生活の中で他人にケガをさせたり、誤って物を壊してしまい損害賠償をしなければならなくなった際にお金が支払われる保険です。

気を付けて生活していても、まさかの事故やトラブルに巻き込まれることもあると思います。例えば、

  • マンションでお風呂の水が排水されず部屋内が水びたしになり下の階に水漏れした。
  • マンションのベランダから鉢植えを落としてしまい通行人にケガをさせた。
  • 自分の子供が自転車で走行中に人にぶつかりケガをさせた。
  • 奥さんが買い物中にバックを高級ガラス食器に当てて落として割ってしまった。
  • 飼い犬が他人に噛みつきケガをさせた。
  • スノーボードやスキーで人にぶつかりケガをさせた。
  • 公園で野球をして遊んでいたらボールが人の家のガラスを割ってしまった。

などなど、どれもこれも身近で起こりそうなものですし、私のこれまでの人生でも大事に至らなかったものの似たようなトラブルが起きたことはあったと思います。

このようなトラブルで賠償レベルまでの事態が起きた際に助けてくれるのが「個人賠償責任保険」です。

個人賠償責任保険は契約者本人だけでなく家族も対象になります。

故意の場合や重大な過失がある場合、保険金は支払われませんし、仕事中や同居の家族、車両に関するもの、ケンカなどに関しては補償の対象外となりますので注意が必要です。

取り扱っている保険会社も多く、月に数百円からのところが多いのでお守り代わりに入っておくのも良いかもしれません。

自動車保険の付帯保険(オプション)として個人賠償責任特約を付けられる自動車保険もありますので自動車に乗っている方は保険の更新の際に考えてみてもいいかもしれません。

ちなみに私も自動車保険の付帯保険で「個人賠償責任特約」を付けています。年間で1,500円ほどの金額アップですが月額にすると125円ですので高くはないと思います。

PR
スポンサーリンク

個人賠償責任保険に入る際のポイント

個人賠償責任保険を取り扱っている保険会社さんはたくさんありますが、これだけは押さえておきたいポイントがあります。

それは「示談交渉サービス」です。

トラブルが起こった場合に損害を与えた相手と賠償金額をいくらにするか示談交渉をすることになりますが当事者同士では感情的になったり、モメて金額が決まらないで泥沼化することもあります。

自分で何とか示談交渉をして相手と金額を合意してもその金額を保険会社が払ってくれるかは別問題です。

素人交渉で高い示談金で合意した場合でも保険会社は独自が定めた基準で正当であるとした賠償金額までしか支払いません。

示談交渉サービスがあれば保険会社が交渉を対応してくれますので、示談交渉する労力を使わずに済みます。

個人賠償責任保険はどれがいいの?

個人賠償責任保険に入りたくても最近では単体で入れるものが少なく、対応するクレジットカードを持っている人、自動車保険の付帯保険、火災保険の付帯保険で入ることができます。

掛金の安い個人賠償責任保険のおすすめをいくつか紹介します。

Yahoo!保険(ちょこっと保険)

y-hoken

Yahoo!ウォレット登録者専用という条件がありますが月140円で1億円まで補償してくれます。示談交渉サービスもついています。Yahoo!ウォレットに登録していない人でも登録することで加入資格を得られます。

ポケット保険(ポケホ)

m-hokn

三井住友VISAカードの会員限定なのでクレジットカードを持っている人は検討したい保険です。示談交渉サービス付きで1・2・3億円と保険金額を選ぶことが出来て3億円でも月額160円で加入できます。

おとなの自動車保険個人賠償責任特約

o-hoken

自動車保険に付帯できるタイプの個人賠償責任特約です。最近の自動車保険には、この特約がついているものも多いので、ご自分の自動車保険にも付帯できないか確認してみましょう。

損保ジャパン日本興亜個人用火災総合保険「THEすまいの保険」

s-hokon

s-hoken2

火災保険に付帯するタイプの保険です。持家があって火災保険を検討している方は損害賠償保険の内容も確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

もしものことを考えると「個人賠償責任保険」には加入しておいたほうがいいです。安いものであれば月額数百円なのでお守りのつもりで保険を契約してはどうでしょうか。

単体の「個人賠償責任保険」もありますが月額の金額が高いものもありますので確認だ必要です。

家族みんなが対象になるので、自動車保険や火災保険をかけているのなら付帯保険で「個人賠償責任保険」を追加できないか確認して家族みんなの万が一に備えましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る