IPO投資。SBIチャレンジポイント狙いのKHネオケムが補欠当選

kh

IPO投資をコツコツ実践しています。

事前の予想で人気が薄く公募割れの危険性もある「KHネオケム」という会社のIPOでは、いくつかの証券会社で募集をしているのですがSBIチャレンジポイント狙いでSBI証券からのみ応募しました。

↓SBIチャレンジポイントに関してはこの記事で書きました

初心者でもコレだけ!リスク無し(ほぼ)絶対に儲かる投資方法

これまで2年間IPOに応募してきましたが1度しか当選したことがないので「今回も落選だろうな」と思っていたら補欠当選しました。

私だけではなく奥さんの口座からも応募したのですが奥さんも補欠当選でした。

これは前評判どおり人気がなさそうですね。

発行する株式の量も多いので当選はしやすいのですが2人とも補欠当選するとは・・・

補欠なので当選したわけではないので、当選した人が辞退した場合に補欠に当選権が回ってきます。当選した人も辞退する人が多いのではないでしょうか。

今回は私も補欠当選を辞退しようと思います。初値がガーンと上昇したら残念ですけど。

証券会社によっては当選したあとに辞退してしまうとペナルティとして一定期間IPOへの応募が制限される証券会社や当選したときにキャンセルが出来ない証券会社など、会社ごとにルールが違うので注意しないといけないです。

当選後に辞退すると、その後一か月間IPOへの申込が出来なくなる証券会社

  • SMBC日興証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

抽選が購入申込後なのでキャンセル自体ができない証券会社

  • カブドットコム証券
  • 楽天証券
  • 松井証券

応募する前に対象の会社の評判を確認して、公募価格ギリギリや公募価格を下回る可能性がある会社は応募自体をしないことがリスク管理のうえで大事です。

SBI証券に関しては落選することで「SBIチャレンジポイント」が貯まるのでガンガン応募しましょう。辞退してもペナルティなどはないので当選や補欠当選してから考えても大丈夫です。

SBI証券でIPOを申し込む際に人気が高い会社で当てたければ資金が許す限り全力で応募(100株単位であれば1000株でも2000株でも許す限り全部)。

人気が薄くて公募割れしそうな会社であれば100株単位なら最低限の100株を価格の上限(上限じゃないと抽選に乗れない可能性あり)で申し込むことでSBIチャレンジポイントを貯めるだけに徹します。

コツコツ貯めていずれ大儲けできそうな人気IPOを当てましょう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

PR
スポンサーリンク
トップへ戻る