1年で100万貯めた私が教えたいお金を貯めるちょっとした心構え

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

働き始めたころ全くお金の使い方が分からず、毎月給料日前には生活が厳しくなることの繰り返しでした。

3年ほど働いても全くお金が貯まらず、ある時、給料日の一週間前にATMにお金を下しにいったところ残金不足で下すことが出来ずに通帳記帳すると残金が50円を切っていました。

この時は持っていたマンガやCDを売って給料日まで耐えましたが、さすがに毎月これではヤバいと気づいた私が、この時から1年で100万円貯めた時に実行したことや心構えを教えます。

PR
スポンサーリンク

まず無駄遣いを把握する

その頃の私の手取り給料は13万円ほどでした。年収は320万ぐらいだったと思います。

会社の借り上げアパートに住んでいて家賃はすでに引かれた金額ですので、ここから水道光熱費約1万円と通信費5千円、車のローン3万円とガソリン代1万円を引くと残り7万5千円。1人で1ヶ月生きるには十分な残金のはずです。なぜ給料日前にお金が足りなくなるのかはすぐに分かりました。

外食が多い

自炊はほとんどせず会社帰りにコンビニで弁当を買うことが多く、飲み物も500ccのペットボトルを毎回買います。ついでに甘いものも買って800~1000円。ファーストフードや定食屋の利用も多く4万円ほど食費にかけていました。

車が好き

その当時はスポーツカーに乗っていて車の部品を買ったり、車関連の雑誌を毎月何冊か購入していました。30万円ほどのボーナスも車関連に消えていくのでボーナスで生活費を補てんすることも出来ませんでした。

マンガが好き

毎週コンビニでジャンプやマガジン、ヤングジャンプなどの漫画雑誌を購入していました。当然コミック本も発売したらすぐに買います。

スノーボードやサーフィン、バスフィッシングなど流行の趣味にすぐ手を出す

趣味が多いのは良いのですが、飽きっぽいくせに形から入ろうとするので装備や道具をまず買ってしまうところがありました。

飲み会が好き

会社では飲み会が盛んで毎週のように飲み会があり、2次会、3次会まで当たり前のように着いて行っていました。

毎回ATMでお金をおろす

手数料を気にせず、毎回ATMで現金を下していました。一日数回下すということもあったかもしれません。

簡単に思いつくだけでこんな無駄なことをしていたかと思うと恥ずかしいです。

一気には変えられないが意識してみる

girl26

次の日から急に全てを変えることなんて出来ませんが、ちょっと意識するだけで「これは無駄使いだな~」と思ってお金を使わなくなることが多くなりました。

自炊をする

この効果は抜群でしたね。飲み物はお茶のパックで作り、簡単な食事を作るだけで月に4万円もしていた食費は半分以下になりました。安く美味しい料理が作れることが楽しいと思えたので自炊は毎日のようにするようになりました。

雑誌は買わない

毎回買っていたマンガ雑誌は、コンビニには申し訳ないですが好きなマンガだけを立ち読みで済ませるようになりました。コミックもちょっと待つと古本屋で手に入れられるようになるので本当に好きなものだけを購入するようにしました(以前はなんでもかんでもちょっと興味がわくと買っていた)

趣味を絞る

新しく興味をもった趣味は、まずじっくり検討して、さらに体験して、自分が納得して続きそうだったら装備や道具をそろえるように慎重に考えるようにしました。

飲み会も考えて行く

毎回、毎回、同じメンバーで2次会3次会まで行くことに疑問もありましたので、回数を減らしたり1次会で帰るなど以前とはちょっと頻度を減らしました。

お金を下すのは月に1回

毎回ATMで下していた時の手数料を計算してみると月に1000~2000円も掛っていました。土日でも早朝、夜間でも関係なく下していたからです。

給料日後にまとめて下した生活費は4枚の封筒に分けて入れ1週間ごとに使い分けるようにしました。これを実行したことはお金の管理の面で大きかったと思います。

意識していると勝手に節約になり100万円貯まった

「無駄遣いしない」と意識すると意外とお金を使わないもので、平均で月に5万円ほど貯めることができました。

ボーナスも車のローンを引かれて夏・冬でそれぞれ20万円ほど残ったので合計で100万円の貯金ができました。後半は全然無駄なものを買わなくなって、使わないものも売ったりして処分していましたので断捨離とかミニマリストとか私が一番早いかも。

5万×12ヶ月+夏ボーナスの余り20万+冬ボーナスの余り20万=100万

100万は区切りのいい目標でしたが、通帳残金50円からスタートして1年後に貯まった時には「あれ?貯まってた」という感じでした。節約体質になってたかも。

貯めるコツ

無理しすぎない

節約も大事ですが最初はストレスが溜まります。無理をせずに週1回や2週に1回の頻度で楽しみを作りましょう。「今週末は美味しいケーキを食べる」とか。

コンビニは利用しない

コンビニは目新しいものがたくさんあって簡単にあれもこれもと買ってしまいます。コンビニよりもスーパーを利用しましょう。同じものでも安く売っています。「安く買う」という意識が大事です。

自炊は絶対

節約には欠かすことが出来ません。自分で考えて食材を買って作ることが後々必ず役立ちますので、料理を自分で作るようにしましょう。

今本当に必要かを考える

「これは欲しい!!」と思った商品が本当に必要かを考えましょう。もしかすると一時的な衝動かもしれません。次の日でも欲しいか、一週間後でも欲しいか、一か月後には熱が冷めていませんか?

会社に財形貯蓄の制度があれば利用する

会社に財形貯蓄の制度があれば利用すると貯まりやすいです。給料をもらった時には、もう決めた金額が引かれてますので、いつの間にか貯まっている状態になりますので若い人にはいい制度です。

まとめ

節約やお金を貯めることに特別なことは何も要りません。お金を増やすとなると知識が必要になりますが貯めるだけならダイエットと同じで意識だけでコツコツ溜まっていきます。

クレジットカードなどお金の流れが把握しにくい場合、いつの間にか使いすぎということになりかねないので、しっかりクレジットカード控えをもらって1回払いで無駄な手数料を払わないことを徹底すべきです。リボ払いは論外。

私はこのあと車のローンが終わって楽になりました。お金は使う為にあるのですが、貯金には会社を辞めた時や何かあった時に「大丈夫、貯金があるから」と精神安定剤的役割もあると思います。

人生を楽しむためにお金を使いながらコツコツ貯金もできればベストですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る