生活

若者の車離れに車好きのオッサンがアホみたいに愚痴る

私は車が大好きです。30代のオッサンだからかな?

なぜ若者が車離れをしているかなんて、それは単純に車に魅力がないから。

「走ればいい」「燃費良ければいい」「荷物積めればいい」という気持ちになってしまうと、車の運転を楽しむとか、カッコいい車を買う為に頑張って貯金するとかにつながらないと思います。

私が免許をとりたての頃はスポーツカーとかがたくさん走っていて燃費も悪いし荷物の人もそれほど乗せられないのに、各メーカーはスポーツカーをラインナップしていて次から次へとカッコいい車を発表していましたし。アホみたいに改造した車もたくさん走っていました。

マフラーを太くして、でかい排気音出して、車高を下げて走るのがエライとか思わないですが(実際私もやっていた)自分の車に愛着があるから、周りと差別化したいから、自分だけの一台にしたいから、パーツとか換えて楽しんでいたんです。

昔はAT限定を取るやつは、ほとんどいなかった

たった十数年で今ではMT車の設定がある車を探すほうが難しく、AT(CVT)が当たり前。オッサンが免許取った時にはAT限定なんて取る人はクラスに1人くらいの感じでしたよ。

現在ではAT限定のほうがMT免許よりも取得割合が多くなったそうです。時代ですな。

ギアを自分で変えるという、ただそれだけの操作が車を運転から操縦にする感じがあるんですよね(持論)

半クラッチの繋ぎかたとか、エンジンブレーキとフットブレーキをうまく使って止める奴の車に乗ると「(おっ!運転うめーじゃん)」とか、車好きは思うのです。

今では同じような顔をした車が、各メーカー同じような性能で、コンパクト・ミニバン・ハイブリッドとみんなが好きそうな車ばかり出てきます。

車を持ちたいという魅力的な車が少ない

みんな同じに見えるから車なんかどれでもいいっていう若者の意見。

あんまり乗らないから車持たないでカーシェアでいいという若者の意見。

安いから軽でいいという若者の意見。

ちがうだろボゲェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!!!!!!!!!!!!!!

車は!車は!日本の経済発展を支えてきた基幹産業だぞおおおおおおおお!!!!!

っと、すいません後ろの席の若者が車なんかいらないと話していたもので・・・

車好きの私が思うに、なんかアグレッシブさみたいなのが2000年代に入ってから右肩下がりなのではないかと。燃費競争ばっかり。燃費いいと嬉しいけど。

私が初めて買った車は後輪駆動の「スープラ」という車で、加速すごいし、カーブでぐぐんと曲がるし運転が楽しいんですよね。あとカッコいいし。

所有欲をみんなが無くしたら、そりゃ車離れしますよね。走ればいいなら燃費のいい軽とかコンパクトカーでいい。

欲しいから買う!って感じの魅力がだだ漏れしてるような車がたくさん増えればいいですね。

とりあえず若者は発売したばかりのホンダの「NSX」とか買うといいです。

nsx

消費税込みで¥2,370万円なので少々高いですが、魅力のかたまりみたいな車です。

この金額であれば私は家を買います。

 

スポンサーリンク

-生活
-