クーポンを使おう!お得な生活に貧乏くさいと面倒くさいはいらない!

man62

みなさんクーポンって使ってますか?新聞チラシの下の方に「切り取ってお使いください」というクーポンや食事をすると「次回100円引き」とかのクーポンをもらえたりしますよね。

私は以前このクーポンを「用意する」「提示する」というのが面倒くさくて、しかも「なんか貧乏くさいし・・」とか思ってたのですが、近頃は出来る限り使うようにしています。

最近はスマホでも「このクーポンを表示して注文の際に利用を伝えてください」なんてクーポンもありますよね。

PR
スポンサーリンク

クーポンは馬鹿にできない

スマホから入手するクーポンはスマホ内にあるのでいいのですが、紙のクーポンは財布に入れておいたまま忘れてしまったり、使いたい時に持っていなかったりしてうまく使えないことが多いです。

一番多いのは貰ったり、広告から切り取っておいたけど期限切れで使えない時で、期限が切れれば紙屑になってしまいます。飲食店のクーポンは翌月末までとかの期限があるものが多いですよね。

「ご飲食代金から100円割引きます」のクーポンは飲食する人にとっては現金100円です。

私は近所の「とんかつ」チェーン店に良く行き、お気に入りの650円のとん汁かつ定食を食べます。このチェーン店では食事の度、会計時に次回100円引きのクーポンをくれるのですが、翌月末までが期限なので毎月行かないとクーポンの期限が切れてしまいます。650円から100円引きとなると約15%の値引きになりますのでこれは大きいです。

クーポン有効活用のアイデア

先日、私は旅行に行った際に老夫婦が経営している軽食・喫茶の店で食事をしました。地元の人が訪れるような雰囲気のいい店です。店主のお爺ちゃんが頑張って仕事をしているのを見ながら注文した食事が届くのを待っていました。

レジ近くの席だったので何気なくレジの周りを見ていると小さなカゴが置いてあり、中に何か入っています。

「ご自由にどうぞ」

そう書かれたカゴの中には、新聞チラシから切り取ったクーポンや飲食店での食事後にもらうようなクーポンがたくさん入っていました。

をれを見たとき私は「あー!これは良いな!」と素直に思いました。

喫茶店の近くに大学があるため学生も多く訪れるので、誰かが使わないクーポンを入れることも出来ます、お爺ちゃんが朝、新聞を見たときにチラシから切り取ったクーポンも入っています。

「クーポンがあるなら食べに行こうかな」という人もいるかもしれません。起業側にとってはクーポンを渡していない人・新聞を取っていない人にもクーポンが届いたということになります。何気ないことですが喫茶店のレジという近所の人が訪れる場所に、そういう仕組みがあることで紙屑になるはずだったクーポンが客と店を繋いだことになります。

まとめ

今ではあらゆるものにクーポン割引のシステムがあります。「貧乏くさい」「面倒くさい」と使わないのは本当に勿体ないです。

もし100円の現金に「ご自由にお使い下さい」と書いて置いてあったら使いますよね。

お得なクーポンに関するサイトを少しだけ紹介します。

飲食店予約

飲食店の予約サイトを使えばクーポンが使える店もありますし、予約サイトのポイントも貯まりお得に食事ができます。

ホットペッパーグルメ

ネット予約でポイント貯まる【ぐるなび】

クーポンサイト

大幅割引で品物を買えるクーポンサイトもあるので、お目当ての商品があれば利用するほうが絶対に得します。

↓楽天スーパーポイントも貯まります。
【RaCoupon 買うクーポン】

↓グルメや旅館など幅広い商品が半額以上安く買えたりします。
日本最大級のクーポンサイト【グルーポン(GROUPON)】

↓商品半額は当たり前なクーポンサイトです。
半額クーポンサイト「くまポン」

何かを食べたり買ったりするときは、面倒臭がらずにちょっとだけ、お得にならないか気にしてみる習慣をつけると節約のクセが付きますよ。

節約とケチは違います。浮いたお金でさらに美味しいものを食べましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る