仕事 小遣い稼ぎ

起業でも小遣い稼ぎでも商品を売る時のアイデアに繋がる付加価値の考え方

みなさん「付加価値」って聞いたことがありますか?「付加価値」はこの世の全ての商売に通じる考え方で大企業でも個人が家でする小遣い稼ぎの商売でも考え方は一緒です。

「何か商売を始めたい」「この商品を高く売りたい」「起業したい」と思った時など、そのアイデア・商品の付加価値はどうなのかと考えることがとても大事なんです。

付加価値って何?

付加価値は、その名のとおり商品に付け加える価値です。

工場のようなモノづくりの会社が「材料を仕入れて工場で加工を行い出来た商品を売る」という流れの場合「工場で加工」が付加価値となります。

材料(100円)⇒ 工場 ⇒ 商品(500円)

仕入の時の材料代100円が商品として形を変えた時には500円になった場合、付加価値は400円。

この400円の中には人件費や作業の際に使った電気代などの経費などが入っており、細かく言うと粗付加価値や純付加価値に分かれるのですが、難しく考えずに売った値段から買った材料の値段を引いた金額という認識で大丈夫です。

工場だけでなく、商社などの「商品を買い入れて加工を行わず別の会社に売る」ような仕事の形態でも、売った金額から仕入れた金額の差額は付加価値となります。

買い手側からすれば工場は持っていませんし設備や機械も持っていません。外国から商品を仕入れる技術も輸入知識も無い人がほとんどです。その設備や機械、商品のアイデア・技術・知識など買い手が持っていない部分全てが価値になります。

私は製造業を多く経験しましたので設計の際にも付加価値を意識するよう指導されてきました。加工のコストの低減やそれを実現するアイデアなどは全て付加価値を付ける為の作業です。

ターゲットが求める価値を考える

「こんなに便利なものが100円で買えた!」

百円均一の店で、こんな風に驚いたことがことがある人もいるかと思います。これは企業努力によって便利グッズのアイデアと低価格という負荷価値を付けて形にしたものをターゲットに届けた結果です。

ターゲットが安くて便利なものを求めていたから購入につながったんですね。

また反対に高級なブランド品を求める人も多くいます。

価格100万円のブランドバックは100万円だからこそ価値があるので10万円で売り出しては安物(十分高いですが・・)と考える人もいるわけです。

高いからこそ大量生産でなく少ない数が売れるだけで経営が成り立ち、高い価格とブランドの名前自体が付加価値と考えられます。

付加価値の事例

私の奥さんが美容院のレジ横で手作りの飾りを付けた髪留めを売っているのを見ました。

シンプルな髪どめに可愛い飾りを接着剤で付けた簡単な作りの物です。子供や若い女性に似合いそうな色で、それぞれの材料は百均(100円均一の店)で売っているようなものです。聞けば美容院で働く女性が作ったものでポツポツ売れるとのことです。

これは百均の材料から付加価値を見いだしたということになります。

hukakati-01

子供や若い女性に合うような色の選定や飾りをどの部分に、どのぐらいの大きさのものを付けるかのデザイン・アイデア自体が大きな価値ですし、接着するだけのシンプルな作業も加工時間が短いので加工費の低減に繋がっています。1個作るのに10時間も掛ってしまっては高額な髪どめになってしまいます。

このような価値の部分に対し付けられた金額が付加価値となります。

また、美容院という若い女性が集まる場所で販売するのもターゲットが明確になっており集客効果が高いです。

材料自体は百均でも「百均はあまり行かない」「接着したり工作したりするのが好きではない」という人にとっては、誰かが作ってくれたこと自体が価値ですので「商品の形状から見えない部分に価値がある」ということがとても大事です。

まとめ

付加価値は商品からは見えにくい部分が多いのですが、結果的に商品の値段として現れます。安いことが付加価値の場合もあれば高いことに価値がある場合もあります。

どんな商品であっても付加価値を付けることが可能です。就職活動をしている人であれば、その人自体が商品なので相手は付加価値が高い人間を採用します。学歴、人柄、経験、知識などが付加価値です。目には見えにくいですね。

自分が売り出す、モノ・サービスの価値は何か?加えることが出来たか?欲しがる人はいるか?を常に意識すると良い商品を作り上げることが出来ます。

 

スポンサーリンク

-仕事, 小遣い稼ぎ
-