アルバイトと派遣どっちか悩む。どちらも経験した私が答えます。

female42

みなさんアルバイトしたことありますか?

「学生時代はアルバイトしてた」という人は多いのではないでしょうか?

働き方としてパート・アルバイト・派遣社員・契約社員・正社員と色々種類があります。できれば正社員で仕事に就きたいと考える人は多いでしょうが、色々な事情でアルバイトや派遣社員で働いている人もたくさんいます。

私もフリーターの時は、色々なアルバイトをしました。宅配便の荷物の仕分け、コンビニへ配送する品物の仕分け、自治体の遺跡調査、フィルムの現像、工事現場の交通誘導などなど・・

思い返してみると仕事って本当に色々種類がありますよね。

アルバイトをたくさん経験したあとに派遣社員も経験しました。道路調査をデータに起こす仕事、商品の包装デザインの仕事、携帯電話の電波塔の骨組みの設計の仕事、などなど・・・

では、アルバイトと派遣。改めてメリットやデメリット、働き方についてもう一度考えてみたいと思います。

アルバイトで働くメリット

時間の自由度が高い

1日3時間だけ、早朝の時間帯だけ、など自分の都合に合わせて働くことができる会社が多いので勤務時間を条件に選択することができます。

フルタイムで働くことが出来ない主婦や学生などは、一番の条件が勤務時間になることもありますので大事なポイントです。

直接雇用

経営状態が悪いとき派遣社員は契約期間で雇止めの可能性がありますが、アルバイトは直接雇用のため休ませたり解雇するなどは法律上簡単には出来ません。

雇用のハードルが低い

正社員と比べると、面接や試験などのハードルは低いと言えます。

企業側の考えにもよりますが、仕事の難易度や賃金レベルから必要な人材もコストを掛けずに雇い入れたいといった背景もあると思われます。

アルバイトで働くデメリット

給料の安さ

何といってもアルバイトで働くデメリットは「賃金」ということになると思います。アルバイトは企業の直接雇用なので給与計算等の事務コストや採用の際の広告費用も会社持ちです。

社会保険に加入するとなると、労働保険料や厚生年金保険料などの会社負担分も発生します。そういったことと仕事の難易度などから給料(時給)が設定されるのですが、それでも私はアルバイトの仕事に対する賃金は総じて安すぎると思います。(私が働いていた自治体の遺跡調査は時給850円でした)

では、派遣社員で働くメリット・デメリットはどうでしょうか?

派遣社員で働くメリット

比較的給料(時給)が高い

アルバイトと比べてですが、時給は高い傾向にあります。派遣社員は派遣元の会社との契約なので派遣先の企業の社員ではありません。

社会保険や給与管理の事務コストは派遣会社が負担します。派遣先企業は働いてもらった時間だけ費用を払えばいいので余計なコストが掛らず、その分時給が高めになります。

また、派遣会社での登録や担当との話し合いで、派遣される人のスキルや要望が合致して企業へ派遣されているので、ある程度要望に沿った人が働いてくれる前提で時給が高くなっています。

様々な企業で働ける

企業の正社員となると、就職活動・面接・試験など採用されるまでにハードルが高いです。これは長く働いてもらう人を直接雇用するという点から採用に慎重になるからです。

先に述べたように派遣社員であれば直接雇用でないため採用のコストもかからず要望にあう人を派遣会社が紹介してくれるので働けるハードルも下がります。

大手の企業であればさらに高い時給も期待できます。女性に人気の事務の仕事も正社員だと求人倍率が高すぎ競争率が激しいですが、派遣から入るなら派遣会社の営業のアシストもあるので可能性が高まります。

紹介予派派遣がある

紹介予定派遣とは企業で正社員で雇用してもらう前提で派遣社員として派遣してもらう仕組みです。

契約期間、派遣で働いたあと企業と派遣社員側が合意すれば、そのまま企業の社員として働けます。派遣案件の中で紹介予定派遣の案件は少ないのですが企業側が強く雇用したいと考えている証拠とも考えられます。

ちなみに私は、この紹介予定派遣の案件を使って6ヶ月派遣勤務のあと派遣先企業の正社員になりました。

↓派遣・紹介予定派遣の案件があります。

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

派遣社員で働くデメリット

契約期間がある

派遣社員は一般的に3ヶ月更新などの期間契約で働きます。同じ企業の同じ組織では最長3年しか働けないなど制限もあります。

企業側の経営状態が悪化した場合には派遣会社との契約を解除されますので派遣社員も仕事を失う(雇い止め)ということになります。

時間が自由になりにくい

アルバイトと比べ、派遣社員の勤務時間は一般的にフルタイムでの勤務です。1日3時間などの案件は少ないので、他との掛け持ちは難しいものがあります。

派遣先企業での立場

派遣先企業の社員ではありませんので、人によっては馴染めないこともあるかもしれません。特にあまり派遣社員に働いてもらったことがないような企業だと、皆慣れておらずお客さん扱いになることもあります。

多くの派遣社員に働いてもらった実績があるような会社のほうが慣れているので馴染みやすいかもしれません。

まとめ

自分の働き方に合わせた選択が一番だと思いますが、勤務の時間帯を優先したい人はアルバイト。フルタイムで働ける人は派遣社員というのが合っていると思います。

「仕事が楽しい」「時給は低くても大丈夫」という人はアルバイトでフルタイムでもいいのですが、時給を優先するならば派遣社員のほうが効率がいいです。

「派遣社員はスキルがある人じゃないと駄目だからアルバイトで・・・」という考えを持っている方もいるようですが、あまり固く考えなくてもいいと思います。

私が派遣会社に登録に行った時はオフィスソフトのエクセルで「セルを結合してください」と言われましたが何のことを言われているのか分かりませんでした。その後で基本操作を教わって派遣されましたが仕事をしていくうちに何とかなりました。

eラーニング(パソコンで動画を見ながら学べるサービス)などで基本スキルをつけられる講座を実施している派遣会社もあるので利用してみるのもいいかもしれません。

↓eラーニングなどの支援がある派遣会社
テンプスタッフ

↓派遣・紹介予定派遣なら

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

↓日本全国、数万件のお仕事を掲載
リクナビ派遣

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!