会社を辞めたいけど「3年だけ頑張る」とか「周りに迷惑をかけてしまう」というのはどうなのか?

taisyoku

「会社が合ってなくて辞めたいけど3年は頑張ろう」「今、自分が辞めたら周りに迷惑がかかるし逃げることになる。辞められない」「今ここで辞めたら逃げることになる。つらいけど耐えよう」なんて思っている社会人多いんじゃないでしょうか?

転職人間の私が辞めようかなと思ったときに頭に思い浮かぶそれらのことについて話します。

3年頑張っても何も変わらない

「親から3年は修行だと思って耐えろと言われた」「上司にまず3年はやってみろと言われた」など、何かをするうえで3年というキーワードは良く聞きます。

「石の上にも3年」とか「中学・高校の区切りが3年」とか、都合のいい区切りの年数であるからでしょうか?

最初の1年目で「おかしいな」「自分に合わないな」と思った場合は3年経ってもその感覚は変わりません。これは私自身も周りの同僚達にも聞いてみても皆同じような意見でした。

ただ、年月を重ねると、おかしな部分があることは分かっているが、間隔が麻痺するというか慣れる状態になるので「おかしいことがおかしいんだ」と自分を正当化してしまうという意見も聞かれました。

3年やってみたけど結局ダメだった、自分には合わなかったとなった場合3年はただの時間の浪費でしかありません。

3年の間に「今後役立つことが学べた」「次に繋がることがあった」となれば有意義な時間だと思います。早い段階で、この会社は自分のためになるかということを給料だけのたじゃなく感じ取ることが大事です。

自分が辞めたら周りに迷惑になる

なります。あなたがプロジェクトの中心であれば、急に辞めれば仕事がとん挫し、仲間や会社に迷惑をかけるでしょう。しかし「今回の仕事にキリがついたら辞める」「半年前・3ヶ月前といった早めに退職の決断をして会社に伝えておく」などの対応をしておけば、周りにかける迷惑は最小限に抑えられます。

正直あなたが辞めても会社は潰れません。

私の周りの人間が辞めて、私が後処理をしたことも、その逆もあります。

辞めた後の混乱の期間はわずかで、しばらくすればいつも通りです。あなたが辞めた時点で潰れるような会社は、仕事を共有できていない後継者も育てていない会社なので遅かれ早かれ潰れます。

迷惑など誰もが掛け合いながら生きていくのですから。

あなたのことはすぐに忘れ去られます。

逃げるのは悪いことなの?

辞めることが逃げること、逃げることが悪いことと考えているならそれは大きな間違いです。日本人は耐えることを美学とする傾向があり、結果はどうあれやりきることが大事と考える人が多いです。

そのため、続けられない自分を「ダメなやつだ」「根性が無い」などと悲観してしまいがちです。

人生は逃げることそのものだと思います。周りを観察し危険を回避する。お客様と話し合い妥協点をさぐる。ストレスに負けないように自分をリセットする。

自分にとって良いほうへ導くために不利なことから逃げることが人生です。

常に得や損、メリット・デメリットを天秤にかけながら生きているのですから仕事が自分に合わなくて心にストレスや体に影響があるなら逃げるのは当然で、逃げないのであれば、それ以上の「良いこと」が待っているはずです。

逃げるのが悪いなんていう人は運よく自分がそのような状況に置かれたことが無い人だからです。

PR
スポンサーリンク

まとめ

会社を辞めようかなと思った際にあなたの頭に思い浮かぶことなんて、周りからしてみれば全然大したことじゃありません。あなたが一人で悩んでいるだけのことです。

辞める前に今の会社に勤めるうえでのメリットやデメリット、学べること、スキルアップにつながることなど書き出してみてもいいかもしれません。

会社に入った後で考えることで、入社する前には全然思い浮かばなかったことが出て来る人が多いはずです。

その内容を眺めて、思ったよりもメリットがある人は続ければいいですし、何一つ自分の為にならないという人は早々に辞めるべきだと思うのです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
スポンサーリンク

フォローする

こちらもぜひ読んでみてください



PR
スポンサーリンク
トップへ戻る
error: Content is protected !!